サービス管理責任者として円滑に転職するためには

サービス管理責任者として転職を考えている方は、まず事業所の責任者に退職の意向を伝えなければいけません。

どのような理由であったとしても、退職を伝えづらいと感じる方も多いのではないでしょうか?

実際障害福祉業界においてサービス管理責任者は不足しているため、やめにくいと感じる方もいらっしゃるかと思います。

今回は転職にあたって現在の職場を退職する際に気をつけたいポイントを解説します。

 

サービス管理責任者として転職する前に気を付けるべきポイント

・時期を考える

退職のタイミングを考える場合は、年度末や事業所内のイベント等がない時期を選ぶとよいでしょう。

サービス管理責任者の主な業務である個別支援計画の作成などの更新時期等が重なると、引き継ぎのタイミングや業務量の都合上円満に退職できないといった状況に陥る可能性があります。

 

・退職理由を明確にする

転職をする際に理由を明確にしておかなければ引き止められる可能性もあります。

退職時期を引き延ばされたりしないようにするためにも、退職理由とその先はどうするかというプランも明確にしておくとスムーズに転職活動を行うことができます。

 

・就業規則を確認する

労働条件や各職場の定めた規則など事業所によって異なる場合があります。退職についても退職日のどの程度前に申し出る必要があるのかなど、トラブルに発展しないためにも事前に確認の上、転職活動を進めるとよいでしょう。

 

・円満退社を心掛ける

障害福祉業界でサービス管理責任者として働く限り、転職後も現在の職場と関わる機会がある可能性がありますよね。

現在の事業所と自分自身が納得した形で退社をするよう心掛ける必要があります。

特にサービス管理責任者は不足しています。後任が決まってから退職するなど、早めに事業所の責任者と相談を重ねながら行動することが重要です。

 

サービス管理責任者は事業所内でも管理者や施設長といった役割を担ったり、事業所のなかでも中心となる職種でもあります。

そのため「辞めにくい」と感じる方もいらっしゃるかと思いますが、転職は前向きな方向転換とも言えます。

退職時に気をつけたいポイントだけ押さえておき、スムーズに転職活動が進行できるよう準備しておきましょう。

 

    関連記事

    1. 個別支援計画作成の手順とポイント解説

    2. 介護業界での新たな挑戦|サービス管理責任者としてのキャリアパス

    3. 一度現場を離れたサービス管理責任者でも再就職できるのか?