児発管とサビ管の仕事の比較

福祉関係の求人情報を見ていると、同じ求人業種の中に児童発達支援管理責任者(児発菅)とサービス管理責任者(サビ菅)が入っていることがよくあります。

そんな時、2つの業種の内容の違いは何なのだろうかと思ったことはありませんか?

実は児発管とサビ管は、障害を持つ人々のサポートにおいて重要な役割を果たす専門職ですが、彼らの業務内容や勤務場所にはいくつかの違いがあります。

そこで今回は児発菅とサビ菅の違いについて解説します。

 

児発菅(児童発達支援管理責任者)とは

児発管は、主に障害を持つ子供たちの保育や療育を専門的に行う職です。

この役割は、子どもたちの発達に合わせた個別のサポートを提供することに特化しています。

主な業務内容

個別支援計画の作成: 各子どもの発達段階や障害特性を踏まえた計画を立て、必要な支援を提供します。
保護者との相談: 保護者への援助や相談に応じ、子どもの発達に関する情報提供を行います。
関係機関との連携: 医療機関や教育機関など、他の専門家と協力し、子どもたちの最適なサポートを目指します。
実務の主導: 施設内での具体的なプログラムや活動の計画と実行を担当します。

 

勤務場所は主に児童福祉法に基づく指定事業所や児童発達支援センター、障害児通所支援施設などで働きます。

 

そして子どもの状況や進捗を正確に分析し、最適な支援策を考える能力が必要とされていますし、保護者とも綿密に連絡を取ったりしなければならないので、高いコミュニケーション能力も求められる職業とも言えるでしょう。

 

サビ管(サービス管理責任者)とは

サビ管は、主に成人の障害者に対して、生活支援や職業的サポートを提供する専門職です。

彼らは、利用者が地域社会で自立した生活を送るための支援を行います。

 

主な業務内容

個別支援計画の作成: 利用者一人ひとりのニーズに合わせた生活支援計画を立案します。
目標設定と支援: 利用者の希望や生活目標に基づく具体的な支援策を考えます。
関係者との調整: 利用者、家族、関連機関との間で意見や要望の調整を行います。
スタッフの指導と管理: 施設内でのスタッフの業務指導や管理を担当します。

 

勤務場所は主に児童福祉法に基づく指定事業所や児童発達支援センター、障害児通所支援施設などで働きます。

 

必要スキル

またサビ菅として働く上で下記のスキルがある方に適性があると言われています。

調整能力: 利用者と家族、他の関係者との間での意見調整や協力を図る能力。
計画立案能力: 実現可能な目標と具体的な支援策を考える能力。
リーダーシップ: スタッフを率い、指導する能力。

 

児発菅とサビ菅 仕事の比較 | まとめ

いかがでしたか?

児発菅とサビ菅には確かに似たスキルが必要な部分は多くあったと思います。

大きな違いとしては、児発菅は子供が対象で発達支援に重点を置きサービス提供しており、サビ菅は成人が対象で生活全般のサポートをしているということでしょう。

2つの異なる職種は、障害者の生活の質を高めるために、異なる年齢層とニーズに対応しており、それぞれ独自の専門性を持っています。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者の役割と地域課題解決策

    2. サービス管理責任者に転職した後に気を付けなければいけないこと

    3. 保育士から児童発達支援管理責任者になるためには