サービス管理責任者の実務経験証明書とは

サービス管理責任者や児童発達支援管理責任者に転職する際に実務経験証明書の提出を求められることがあります。

本記事では、証明書の入手方法、必要性、および取得時のトラブルシューティングなどについて解説します。

 

実務経験証明書とは

実務経験証明書は、児童指導員や児童発達支援管理責任者、サービス管理責任者が特定の実務経験を有していることを証明するための公式文書です。

これには、勤務年数、勤務日数、勤務先の事業所名などが含まれます。

それではどういった時に証明書が必要なのでしょうか?

証明書が必要になる状況

この証明書が必要になる主な状況は以下のとおりです。

転職活動での資格や経験の証明
児童指導員任用資格の確認
研修受講時や配置時の要件として

ただし、研修受講に証明書が必要か否かは自治体によって違う場合もありますので、事前の確認が必要です。

 

実務経験証明書の取得方法

それでは証明書が必要になった場合にどういった方法で取得できるのかを解説します。

 

1. 自治体のウェブサイトからのフォーマットダウンロード

多くの自治体では、実務経験証明書の様式を公式ウェブサイトで提供しています。このフォーマットをダウンロードして使用しましょう。

 

2. 以前の勤務先への発行依頼

証明書は過去に勤めた職場から発行してもらう必要があります。

以前の職場の方にお願いする際には、記入して頂く項目をしっかり伝え漏れの内容にしっかり確認しましょう。

必須項目は下記2点です。

・勤務期間(入職と退職の日付)
・勤務日数(給与明細などから確認)

また郵送が必要な場合は、返信用封筒を同封しましょう。

証明書の作成には時間がかかる場合がありますので、余裕を持って依頼した方が良いでしょう。

 

サービス管理責任者の実務経験証明書 | まとめ

実務経験証明書は当然ではありますが、正確に記載する必要があります。不正確な情報を提供すると、法的な問題に発展する恐れさえあります。

実務経験証明書は、サービス管理責任者の様な職務に就く際や研修を受ける際に重要な役割を果たします。

自治体によって書類の形式が異なることがあるため、必要な書類を正しく理解し、必要に応じて自治体に問い合わせることがファーストステップです。

以前の勤務先に証明書の発行を依頼する際は、必要な期日を明確に伝え、余裕を持って手続きを進めることがスムーズな取得につながります。

 

    関連記事

    1. 介護現場での新たな挑戦|サービス管理責任者へのキャリアシフト

    2. サービス管理責任者がきついといわれる理由

    3. サービス管理責任者のやむを得ない事由によるみなし配置と条件