サービス管理責任者研修で行う事前課題について

サービス管理責任者研修とは、これまでも解説してきました通り、基礎研修、実践研修、更新研修などが主な研修となります。

それらの研修には地域によって推薦書やオンライン環境などの必要な準備物がありますが、そのほかにも必要なものとしてそれぞれの研修ごとに事前課題があります。

今回はその事前課題について解説します。

 

サービス管理責任者研修に必要な事前課題とは?

サービス管理責任者資格を取得するには、規定の実務経験を満たし研修を修了する必要があります。研修を受講する上で事前課題は避けられません。事前課題の内容は各研修によっても変わってきます。

 

・サービス管理責任者基礎研修における事前課題

各地方や自治体によってそれぞれ異なることは大前提として、よくある例としては動画を視聴し、ある事例をもとに個別支援計画を作成しレポートにまとめたり、ニーズの整理を行うなどといった内容になります。具体的には、用意された事例をもとに支援計画やニーズ整理表を作成するといった内容です。事例には架空の利用者様の基本情報や社会的背景、経過の要約、利用者様や利用者様のご家族様を含む希望などが記載されています。

 

・サービス管理責任者実践研修における事前課題

実践研修では、ある事例に対してのサービス利用計画、個別支援計画を読んだうえでのアセスメントや事例検討会で使用するレジュメの準備などがあります。事例検討会の準備に関してはある程度規定があるため、それぞれの自治体による事前課題要項を熟読し、それに則り準備する必要があります。また、作成するにあたってジェノグラムやエコマップを使用することになるため、作成方法や書き方などのポイントを事前に押さえておくとよいでしょう。

 

・サービス管理責任者更新研修における事前課題

自身の事業所で取り組んできたサービスとその振り返り、サービス管理責任者として自分自身の振り返りなど、振り返りシートの作成が主な課題となっているようです。

 

サービス管理責任者研修で行う事前課題 | まとめ

事前課題に関しては、地方によって様々なようです。

自身が受講する地域や自治体の研修内容や事前課題の内容は前もって確認しておきましょう。また、事前課題の提出ができなければ研修を受講できないため、必ず期限内に提出できるよう準備しておきましょう。

 

    関連記事

    1. 高齢社会におけるサービス管理責任者の役割とは?

    2. サービス管理責任者の給与が高い理由

    3. サービス管理責任者の障害別支援アプローチと連携の重要性