サービス管理責任者の人間関係と悩み

以前から話していることではありますが、サービス管理責任者にとって人間関係やスタッフとの円滑なコミュニケーションは非常に重要です。

しかし、時には理想と現実のギャップに悩み、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

 

本記事では、そのような悩みに焦点を当て解決の一助になるアドバイスをご紹介します。

 

サービス管理責任者の悩み

サービス管理責任者の様々な悩みを4つに分けてご説明します。

 

人間関係の構築に関する悩み

やはり一番の悩みは人間関係に関する悩みです。仕事をする前に人間関係の構築ができていないと仕事も前に進まないのも当然ですよね。

信頼関係を気付くためには積極的なコミュニケーションが必須です。自分のことを相手に理解してもらうこと、相手のことを理解することが非常に大切です。

毎日、仕事で顔を合わせるわけですから、オープンかつ素直なコミュニケーションを取るようにしてみましょう。また自分自身の意見をぶつけるだけではなく相手からのフィードバックも受け入れることも重要です。

 

スタッフとのコミュニケーションが難しい場合

サービス管理責任者は職業柄やることが非常に多く、スタッフや部下の方と細かくコミュニケーションを取ることが時間的に厳しいので、ついついコミュニケーションが一歩通行になることもあるようです。

そうなると、部下の意見も分からずどう仕事を進めればいいか分からず、悩むこともあるでしょう。

そんな方には定期的なミーティングを開催することをおススメします。週に1回だけでもミーティングをすることにより、自分の考えや相手の考え方を共有する場があることでお互いを理解しやすくなりますし、チームとして成熟するでしょう。

 

スタッフのモチベーション向上

サービス管理責任者の大きな役割の一つに部下育成が含まれています。その中で、どうすればもっとやる気になって仕事を積極的にやってくれるだろうかと悩むこともあるのではないでしょうか。

そんな時には個々のスキルや強みを理解し、適切な役割分担をすることが重要です。スタッフの弱みや強みを理解することで、適切な仕事を割り当てるkとおも可能となります。

また目標設定や評価制度の透明性を高めるのも1つの方法です。

自分自身がどの様に評価されているのかが明確になることで、モチベーションが高まりますし、加えて成果に対するフィードバックをしっかりすることで成長にも繋がります。

 

ストレスマネジメント

どのような職業にも言えることですが、ストレスは必ず溜まります。特にサービス管理責任者は責任の多い仕事ですから、オンとオフの切り替えが非常に大切です。

お休みの日には仕事から離れ休息とリラックスできる環境に身を置きましょう。

趣味やプライベートな時間を確保し、仕事外での充実した時間を持つことで、ストレスを軽減できます。

また、同じ悩みを持つ人々との交流や相談も効果的です。サービス管理責任者は上司のことが多いでしょうから、あまり同僚とは相談できない可能性もありますから、友人などに聞いてもらうだけでも気が楽になるかもしれません。

 

サービス管理責任者悩み | まとめ

サービス管理責任者としての役割は大変なもので、人間関係やスタッフとの接し方に対する悩みをお持ちの方も多いかと思います。

そんな悩みをお持ちの方には柔軟性を持ち、挑戦的な姿勢を持ち続けることで、より良い職場環境を築く手助けになることでしょう。

悩みに立ち向かい、前向きな変化を取り入れていくことで、より充実したサービスの提供ができるのではないでしょうか。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の実務経験証明書とは

    2. サービス管理責任者の役割 | 就労支援について

    3. サービス管理責任者の給与が高い理由