サービス管理責任者に転職すべきでない人の特徴とは?

サービス管理責任者という仕事は介護業界においてニーズの高い仕事であることはいろいろとお話をさせていただきました。そのためこれから転職を考えているのであれば、こうした職種への転職も視野に入れて考えてほしいと私は感じています。

しかしすべての人材がサービス管理責任者に向いているというわけではありません。

サービス管理責任者に向いていない人材という方もおられるのも事実です。今日はサービス管理責任者に向いていない人材について解説してみたいと思います。

 

サービス管理責任者への転職を考えているあなたは本当に向いている?

 

サービス管理責任者にも、向いている人、向いていない人というものがあります。

実際サービス管理責任者は今までの業務に加えて様々な業務を並行して行っていかなければいけません。そのため、自分自身がその職種に向いているかどうかをきちんと把握しておかなければ、サービス管理責任者に就いたとたん、様々な問題に直面する可能性があります。

 

サービス管理責任者に向いていない人の特徴とは、人と接することが苦手な人、スケジュール管理が苦手な人です。

 

サービス管理責任者は基本的に患者様や家族様と関わることが圧倒的に多くなります。患者様や患者様家族様とのかかわりが圧倒的に増え、関係機関とのやり取りも増えるため、人と関わることが苦手な方には向いていないと思われます。また職員の管理、指導や助言も行う必要があるため、こうした人と関わるということが苦手だと感じている方には苦痛に感じるかもしれません。

 

またスケジュール管理が苦手だという方もサービス管理責任者への転職はおすすめしません。サービス管理責任者は利用者様や関係各所とのかかわりが多いと書きました。つまりスケジュールがタイトになりやすいというのが難点になるのです。

こうしたスケジュール管理はとても重要になるため、自分で管理が苦手だと感じている方には今一度転職を考えなおすことも必要かもしれません。

 

とはいえ、こうした部分というのは、人はいつでも解決しなければいけないと感じているのであれば解決できるものです。

様々な仕事をこなし経験を積むことで自分をアップデートしていくことはあなたのキャリアアップに繋がりますので、ぜひ挑戦していってくださいね。

    関連記事

    1. サービス管理責任者がもらえる「手当て」について

    2. サービス管理責任者の在宅勤務のメリットとデメリットとは?

    3. サービス管理責任者の新たなキャリアへの一歩