サービス管理責任者の資格を取得することをなぜ求められるのか?

サービス管理責任者は年々ニーズが増えているという話を最近はご紹介させていただいております。サービス管理責任者は障害福祉サービスを利用する方に対して、適切な支援を提供するためには必要な職種であります。こうした資格を持っている人材は少なく、企業としては既存の職員にサービス管理責任者の資格取得をサポートする制度を制定している企業もあります。なぜなら人員欠如が起こることで減算になることを少しでも防ぎたいからです。

今日はその理由について解説します。

 

サービス管理責任者の資格取得を企業がサポートする理由とは?

企業側はサービス管理責任者の資格を取得している人材を常に探しています。そのためあなたが介護業界で働いているのであれば、ぜひサービス管理責任者の資格を取得することをおすすめします。

 

その理由は前述したように人材は常に求められていること、そして転職の際にとても有利に働き、新たなキャリアアップに最適であることがメリットに上げられます。

しかしながらサービス管理責任者の資格を取得している人材はあまり多くないのが現状です。そのため企業としては減算を防ぐために、既存の従業員にサービス管理責任者の資格取得をサポートする企業も少なくありません。

 

減算とは障害福祉サービスの事業を行っている施設が従業員の指定基準以上の配置すべき人数を下回った場合、介護給付費等が減額される仕組みを言います。こうした減算を防ぐために企業は人員確保を積極的に行っているのです。

 

こうしたサービス管理責任者の資格を取得していることは、企業側としてもメリットがあり、より好待遇を準備している企業も少なくありません。なぜなら企業側としては給与面をアップさせてでも減算を防ぎたいからです。介護給付費用が減額になると、どれだけ利益が減少するかを想像すれば、数万円の給与アップくらい訳はないと感じる企業は多いのではないでしょうか。

 

ですのでもしあなたが介護業界で働いており、これからキャリアアップを目指して働きたいと考えているのであれば、こうしたサービス管理責任者の資格を取得することをぜひ考えてみてはいかがでしょうか?既存で働いている職場でも資格を取得することで給与アップが見込める可能性もあるかもしれませんよ?

    関連記事

    1. 就労支援施設におけるサービス管理責任者の役割|ケアとサポートの要

    2. サービス提供責任者からサービス管理責任者に

    3. サービス管理責任者が利用者様との面談時に気を付けたいこと