サービス管理責任者に求められる能力とは?

最近はサービス管理責任者の転職事情や様々な転職先について解説してきました。サービス管理責任者は年々ニーズが高まっている職種ではありますが、管理責任者というだけあり、利用者様のサービス管理だけでなく、チームの管理責任も担っていかなければいけません。そのため資格があるからといってその地位に就けるかどうかはまた別の話になります。ではサービス管理責任者にとって重要な能力とはいったいどのようなものが必要なのかを今日は考えてみたいと思います。

 

サービス管理責任者に求められる能力とは?

 

 

サービス管理責任者は、介護福祉職の中でも特に将来性のある職種と言われています。その理由は、介護福祉施設において必ず配置しなければいけない職種であり、需要は常にあるといっても過言ではありません。

 

しかしサービス管理責任者の資格を取得しているからとはいえ、サービス管理責任の地位に就けるかどうかは別問題です。なぜなら同じ資格を取得しているスタッフがいるのであれば、その人材は見比べられるからです。サービス管理責任者に求められる能力とは、リーダーシップやコミュニケーション能力であるといっても過言ではありません。

チームのスタッフの管理、利用者様のサービス内容の管理、利用者様やそのご家族との面談、各医療施設などとの連絡調整、職員の指導などを担っていかなればなりません。

 

こうした業務に求められるのはコミュニケーション能力です。

常に様々なところに意識を向け、チームが一丸となって利用者様のために動いていけるように取り計らっていかなければいけません。

 

こうした能力は資格を取得しているからといって地位に就けるものではないのは皆様もわかるのではないでしょうか?支援サービスそのものに責任を持つ職業なので、クレームへの対応を求められることもあります。

 

こうした業務に取り組んでいくためには常に利用者様やスタッフとコミュニケーションを取り、問題の解決に取り組んでいかなければいけません。もしあなたがこれからサービス管理責任者に就きたいと考えているのであれば、人と関わる、コミュニケーションを取るということに積極的に取り組んでいただきたいと思います。あなたの転職活動がうまくいくように応援していますよ。

    関連記事

    1. 介護業界での新たな挑戦|サービス管理責任者としてのキャリアパス

    2. サービス管理責任者資格 必須な資格と取得手順

    3. 個別支援計画の作成とモニタリング