サービス管理責任者はフレックス制で働くことは可能なの?

近年、コロナや働き方改革の影響で様々な企業でフレックス制が導入されています。

フレックスタ制度は、従業員が自らの生活スタイルや業務の要件に合わせて労働時間を柔軟に設定できる働き方のことです。

この制度は特に、サービス管理責任者のような責任の大きい職種において、そのメリットとデメリットが注目されています。

これからサービス管理責任者として働こうとしている方も、気になることではないでしょうか。

本記事では、サービス管理責任者におけるフレックス制度のついて詳しく解説します。

 

サービス管理責任者のフレックス制度とは

まずサービス管理責任者がフレックス制で働けるかどうかという事ですが、結論から言うと施設のルールにもよりますが、可能です。

もしこれからサービス管理責任者として施設で働こうという方は、まず問い合わせてみると良いでしょう。

 

また基本的な話にはなりますが、福祉施設だけに関わらず、サービス業界は顧客の要求が多様であり、業務のピーク時間が不規則なことが多いため、従来の固定的な労働時間では対応が難しい場合があります。

フレックス制の導入により、管理責任者は労働時間を効率的に配分し、緊急の対応が必要な時に柔軟に動けるようになります。

 

フレックス制度のメリット、デメリット

まずフレックス制度の大きなメリットとして、生産性の向上が挙げられます。

集中力が求められる業務において、自分の最もパフォーマンスが高い時間帯に仕事をすることが可能になるので、良いパフォーマンスを発揮することができるでしょう。

 

また昨今、ワークライフバランスが重視される時代ですから、フレックス制は従業員の仕事と私生活の調和を図る手段として非常に有効です。

これにより、従業員のモチベーション向上や離職率の低下に繋がります。

 

一方でフレックス制度のデメリットですが、会社からすると従業員の管理が複雑になるという事です。従業員がバラバラの時間に働くことで、チーム全体の進捗管理やスケジュール管理が難しくなる場合があります。

加えてフレックス制によりチームメンバー間で働く時間が重ならない場合、チームとしての一体感が薄まる可能性があります。また仕事の関係で連絡したい場合、それぞれが別の時間に出勤しているのでコミュニケーションが取りづらいという状況が生まれてしまいます。

 

サービス管理責任者のフレックス制度 | まとめ

施設によってそれぞれですが、サービス管理責任者もフレックス制度を利用できることは分かって頂いたかと思います。

サービス管理責任者におけるフレックス制の採用は、従業員と組織双方にとって多くのメリットをもたらす可能性がありますが、フレックス制度には上記で説明したようなメリットデメリットがあるので、それらをしっかり理解した方が良いでしょう。

これから施設で働きたいと考えている方は、その施設がフレックス制度を導入しているのか、また自分自身に制度が合っているのかどうかも考えた上で決めたほうが良いかもしれません。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者の将来性と業界動向

    2. サービス管理責任者の副業戦略

    3. 介護業界におけるサービス管理責任者のための人材育成戦略