サービス管理責任者がきついといわれる理由

サービス管理責任者は、障害福祉サービスの提供において業務全般を担当し、利用者のニーズに合致した高品質なサービスを提供するための責任を負う重要な職種です。

この記事では、サービス管理責任者の仕事が大変とされる理由に焦点を当て、同時にその仕事から得られるやりがいにも触れていきますので、サービス管理責任者を目指す方の参考になれば幸いです。

サービス管理責任者の仕事がきついといわれる理由

サービス管理責任者の仕事が「大変できつい」と言われる理由は、まず業務量の多さにあります。

主に担当する個別支援計画の作成は、利用者一人ひとりに合わせた、カスタマイズされたものであるため、簡単に手短に進めることが非常に難しいです。

この支援計画作成には、利用者や家族との面談や支援会議の開催が欠かせず、それに要する時間はかなりかかってしまいます。

 

その後も、作成した計画が適切に実行されているかモニタリングし、定期的な見直しや必要に応じた変更・更新を行う必要があります。

これに加え、サービス提供スタッフへの指導や関係機関との連絡調整などもサービス管理責任者の役割に含まれるため、業務量が膨大になりがちです。

 

また、サービス管理責任者は事業所全体のサービス管理を担当し、いわば事業所の顔となる存在です。

このような広範な責任からくるプレッシャーも、彼らが仕事を「大変できつい」と感じる理由です。

もちろん、事業所によっては適切な人員配置やサポートが行き届いている場合もありますが、人手不足の事業所ではサービス管理責任者が多忙を極めることがあります。

サービス管理責任者の仕事が大変できついとされる理由は、他の仕事と同様に様々な挑戦が待ち受けているからです。

どんな仕事にも大変な側面や厳しい局面は存在し、それに都度対応することで仕事に適したスキルや能力が身についていくものです。

 

したがって、サービス管理責任者が特別に大変できついというわけではありません。

 

彼らも他の職種同様、日々の課題に対処し、成長していくプロセスを経ています。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者を目指す方へ|実務経験のカウント方法と注意点

    2. サービス管理責任者研修で行う事前課題について

    3. グループホームにおけるサービス管理責任者の役割とは?