サービス管理責任者が息抜きにしたいこと

サービス管理責任者は日々多忙な業務を抱えています。

利用者様の個別支援計画の作成、各関係機関との連絡業務、それぞれの事業所においての職員指導、利用者様との面談など多岐にわたります。

各関係機関との会議や利用者様との面談などは先方のスケジュールにもよって左右される上、障害福祉業界で働いていると利用者様の急変やトラブルなどに巻き込まれる機会も少なくないため、残業に見舞われるサービス管理責任者の方も多いでしょう。

そんな中サービス管理責任者に向いている息抜きの方法を解説します。

 

サービス管理責任者は息抜きに読書をするべき

サービス管理責任者の中には、時々息抜きもしたいけどスキルアップやキャリアアップのために勉強もしなければいけないといった思いに、悩まされたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな方には読書がおすすめです。

参考書でなくても、キャリアアップやチームの組織力、スキルアップに関わる書籍など、自身の興味ある分野から読み始め、それぞれの目的に沿った書籍を選ぶと良いでしょう。

サービス管理責任者におすすめの本をいくつかご紹介します。

 

・コミュニケーションに関連する本

サービス管理責任者は事業所内のスタッフのみならず、利用者様、外部の関係機関の担当者など、様々な方と関わりながら仕事をしていかなければいけません。

事業所内の職員への指導も行わなければいけないため、コーチングなどの声のかけ方、仕事や業務の教え方、話の聞き方に関する本を読むと、良好な人間関係の築き方を学ぶことができるでしょう。

またこれらは仕事上だけではなく、プライベートにおいても役立つスキルですよね。

 

・小説や漫画

小説や漫画の中からでも仕事のヒントを得ることができる本はあります。

仕事のモチベーションを高める本や障害福祉が題材になっているものなど、幅広い分野の中から選んでみてはいかがでしょうか?

専門用語多い専門書を読むことに抵抗がある方におすすめです。

 

仕事に関わらない本を読むことで、ストレス解消になることも大いにあるでしょうし、そこから何か生活や仕事のヒントになることもあるかもしれません。

仕事をいるとなかなか読書に時間を取れないという方もいるかもしれませんが、5分だけでも良いので少しずつ始めてみませんか?

 

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者が仕事を引き継ぐ際のポイントと進め方

    2. サービス管理責任者が労働環境改善のためにできること

    3. サービス管理責任者の資格を取得するために必要な条件を知っていますか?