個別支援計画作成の手順とポイント解説

個別支援計画作成は、障がい福祉サービスの提供者と利用者の契約書のような性質があり、それゆえに正確かつ適切に作成する必要があります。

本記事では、個別支援計画の手順とポイントについて解説します。

サービス管理責任者 | 個別支援計画とは

個別支援計画は、障がい福祉サービスを受ける利用者に提供する支援内容を示す契約書のようなものであり、利用者の状況や課題を把握し、適切な支援を提供するために作成されます。

その目的は利用者のニーズを正確に把握し、要望やニーズを尊重しながら支援計画を作成することにあります。

まず、利用者の状況や課題を把握するためにアセスメントを実施します。

アセスメントとは、利用者の課題を把握・分析し、どのようなサービスが必要なのかを明確にすることを言います。

そのアセスメントの結果をもとに、利用者のニーズを整理し、支援計画の基礎を構築します。

 

次に、アセスメント結果をもとに利用者のニーズに合わせた支援計画の原案を作成し、サービス担当者会議を開催して意見交換や修正を行います。

その後、サービス担当者会議での意見交換や修正を反映させ、最終的な支援計画を作成します。

作成が完了したら、保護者と利用者に計画内容を説明し、両者が納得し、理解した上で支援計画に署名して頂く流れが通常です。

 

個別支援計画作成のポイント

サービス管理責任者が個別支援計画を作成する際のポイントはいくつか挙げられます。

まず、利用者の意向やニーズを尊重することが最優先です。

利用者との密なコミュニケーションを通じて、彼らが求める支援やサービスに焦点を当て、その希望を反映するよう努めます。これによって、利用者が納得し、満足できる個別支援計画が作成されます。

さらに、適切な評価が欠かせません。アセスメントなどの方法を選定し、客観的かつ包括的に利用者の状況を評価します。

これによって、利用者の強みや課題を正確に把握し、それを基に具体的な支援策を検討します。

定期的な見直しや修正も重要なステップです。

利用者の生活や状況は変化する可能性がありますので、支援計画も柔軟に対応できるよう、定期的な評価と見直しを行います。

これにより、利用者の変化に迅速に対応し、最適な支援を提供できます。

 

個別支援計画作成の手順とポイント解説|まとめ

サービス管理責任者は1人1人の利用者に対して、正確な個別支援計画を立てる必要があります。

上記でもお伝えしたように、個別支援計画書は利用者様との契約書の様な性質があるので、慎重かつニーズにあったものでなければなりません。

これは利用者との協力関係を築きながらでなければ作成できないですし、かなりの時間を要するのでハードな仕事と言えるでしょう。

 

    関連記事

    1. 就労継続支援A型事業所での支援業務詳細

    2. 就労支援施設におけるサービス管理責任者の役割とは?

    3. サービス管理責任者の新たなキャリアへの一歩