サービス管理責任者が転職を成功させるために知っておきたい失敗例

サービス管理責任者として働いていると、キャリアアップや給与アップ、ライフスタイルに応じて転職を考えたことのある方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際転職し働いてみると、転職前に希望していた待遇とは異なるといったケースを経験されたことのある方もいらっしゃるかと思います。

そのような失敗を繰り返さないためにも、今回はよくある転職の失敗例を紹介します。

 

サービス管理責任者における転職のよくある失敗例

・情報収集不足

サービス管理責任者だからといって、職場が変わっても業務内容に大きな違いはないだろうと思い込んでる方も多いのではないでしょうか?

主な業務内容はそれほど違いはありませんが、自分自身が希望する業務以外も行わなければいけないケースなどは多々あります。

求人票などでは簡易的な記載しかされていませんので、採用担当者に詳しい業務内容は事前に尋ねておく必要があります。

また、勤務条件や給料、福利厚生といった面も同様です。

求人票での情報や採用担当者から聞いていた事前情報と実際に働きだしてからの条件が違うと感じる方もいらっしゃいます。

夜勤や残業の有無、兼務をする可能性があるかどうかも併せて確認しておきましょう。

それでも実際の待遇が違う場合は人事課や総務課といった担当部署の方に相談するのも必要かもしれません。

 

・スキル不足

サービス管理責任者として働くには、障害福祉に関する専門領域の知識のみならず、コミュニケーション力やマネジメント能力なども必要不可欠です。

職場によっては同じサービス管理責任者でも求められるスキルの違いがあることもあります。

経験を積みながら得られる知識や技術もありますが、対策としては事前にどのようなスキルが現在の自分に必要かも把握しておくことも大切です。

 

・施設の方針と合わない

自分自身がこれまで培ってきた考えや支援方法と施設の方針が合わないと感じるケースもあります。

転職活動中の面談や話を聞くだけではわからないことも多くあるため、働き始めてから感じる方が多いですが、可能であれば事前に既存のスタッフに尋ねておくなど、出来る限り働き始めてから相違を感じることのないような工夫が必要となります。

 

今回はサービス管理責任者が転職を成功させるために知っておきたい失敗例をお話ししましたが、よくある失敗例を把握しておくと同じ失敗を起こさないよう事前に行うべき行動が見えてきます。

成功させるためのポイントを知っておくことももちろん重要ですが、合わせて失敗例も頭に入れておくとより良いのではないでしょうか?

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者に必須な多職種連携について

    2. サービス管理責任者に求められる能力とは?

    3. サービス管理責任者が仕事を引き継ぐ際のポイントと進め方