サービス管理責任者資格 必須な資格と取得手順

サービス管理責任者資格は、障害者福祉業界において重要なポジションを担う資格です。

障害者支援施設では、法的に最低1人以上のサービス管理責任者を配置する必要があり、これは2006年に制定された障害者自立支援法に基づくものです。

資格を持つことで、施設の運営において法的な要件をクリアし、高品質なサービスの提供をする必要があります。

サービス管理責任者資格 | 合格率と取得手順

サービス管理責任者資格には試験が存在しません。

資格を取得するためには、実務要件と研修要件を満たすことが必要です。

つまり、要件を満たせば誰でも資格を得ることができ、そのためある意味では合格率は100%と言えるでしょう。

具体的な取得手続きは、実務経験と研修を経ることで行われます。

障害者支援施設での実務経験がある方が、自治体が主催するサービス管理責任者研修を受講し、基礎と実践の研修を完了することが必要です。

また、基礎研修後にはOJTの期間も設定されています。

 

研修にかかる費用と申し込み方法

研修にかかる費用は自治体によって異なり、無料から5万円前後の受講費用がかかることもあります。

テキスト代などの別途費用も発生する可能性があるため、受講前に自治体のスケジュールと費用を確認することが重要です。

 

サービス管理責任者研修の申し込みは、個人でも事業所からでも行える場合があります。

ただし、これは自治体や主催法人・団体によって異なります。

事前にお住まいの自治体や研修主催者がどちらに対応しているかを確認し、スムーズな手続きを心掛けましょう。

 

必須な資格と取得手順|まとめ

サービス管理責任者資格は障害者福祉の現場で不可欠な資格であり、取得までの手続きや費用には十分な注意が必要です。

実務経験を積みながら研修を受け、資格を取得することで、障害者支援施設の法的な要件をクリアし、質の高いサービス提供に貢献できます。

資格取得を検討する際には、記事内の情報をしっかりと把握し、スムーズに段階を踏んでいくことが大切です。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者 | 上司としての良い行動

    2. サービス管理責任者の必要な能力 | 利用者のことを理解する

    3. 介護業界のサービス管理責任者からの辞職|あなたの決断とその理由