もしサービス管理責任者が転職に失敗したと感じたらどうすべきか

サービス管理責任者の需要は年々増加傾向にあり、多数の求人を目にすることが多い職種ですが、給料や労働条件、人間関係などの影響で、転職に失敗したと感じる方も少なくないと思います。

ではそんな時にはどのように対応すべきでしょうか?

本日はサービス管理責任者が転職に失敗したときに取るべき行動について考えてみたいと思います。

 

サービス管理責任者が転職に失敗したと感じた時にとるべき行動

・原因分析

サービス管理責任者として就職活動を行っていた時に、ネット求人やハローワークなどの多数の求人の中から自身の希望に照らし合わせて現在の職場を選ばれたかと思います。

ではなぜ数ある選択肢の中から失敗に至ったのか、まずは原因の分析が必要です。

自己分析はもちろんですが、失敗したと感じるポイントやタイミング、失敗に至った経緯などを明確にしておくことで、次の転職活動で活かすことができます。

 

・相談する

上司や同僚のサービス管理責任者など、第三者に相談することで、客観的に問題を捉え分析することができます。

自分とは違う視点からみて今後どのようにすると最適か、アドバイスがもらえるかもしれませんよね。また、障害福祉業界で働いている方は多くの方が転職を経験されています。自分と近しい境遇のサービス管理責任者がいると、話を聞いてみるのも一つの手です。

 

・経験を重ねる

もし転職を失敗したと感じたとしても、すぐに退職したり転職したりすることはおすすめできません。

職場での人間関係や自信のスキル不足で感じる「失敗」であるなら、時間の経過とともに解消する場合もあるからです。働く環境が変化すると違った働き方やこれまでとは違った業務を依頼される場合もあります。

転職をする際は大前提として環境が変わることを頭に入れておくと、これらのケースにおいても「失敗した」と感じることは少ないのではないでしょうか?

 

・再転職の検討をする

ただでさえ業務量が計り知れないサービス管理責任者ですが、既定の労働時間以上の労働を求められたり、人間関係で悩みがあったりなど、心身への負担が大きい場合は再転職を検討してみてもよいのではないでしょうか?

ストレス過多の中働き続けると、精神的にも体力的にも大きな負担となります。

しかし複数の職場を短期間で転々とすると、次の就職の際に採用されにくくなる可能性もあります。今の職場で踏みとどまることができないかも含めて改めて検討すべきでしょう。

 

では、サービス管理責任者として転職を失敗したことがある方の具体的な失敗例はどのようなものがあるでしょうか?次回の記事で解説します。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者はなぜ個別支援計画を作成するのか?

    2. サービス管理責任者がするべきリスクマネジメントのポイントとは?

    3. 他の介護職からサービス管理責任者に転職する理由