サービス管理責任者の名前だけを貸し出すことは可能なのか

サービス管理責任者は介護業界において欠かせない職種であることはお伝えしていたと思います。こうした資格を取得している人材を確保しておかないと、もし配置基準に相当する人材を確保できていない場合は減算措置という罰則を科せられる可能性があります。

しかしながら人材は求めたからといって見つかるようなものではありません。

そのため介護業界においてはサービス管理責任者の名前だけを貸し出すというものは原則として不可能であるという暗黙の了解があります。もしこうしたことを破るとどういった問題があるのかを今日はご紹介してみたいと思います。

 

介護業界で欠かせないサービス管理責任者の役割とは?

サービス管理責任者は利用者様のサービス提供に関わる重要な役割を担います。こうしたサービス管理責任者は常に利用者様のサービスの質が保たれているかどうかを常に理解して、利用者様に最適なサービスを提供できるように努めていかなければいけません。

 

しかしながらこうした人材を常に企業側は確保し続けることは至難であるといっても過言ではありません。どの業界でも介護士は人手不足であると同時に、サービス管理責任者の資格を取得している人材はさらに不足しているものなのです。

 

そのため企業側はこうした資格を取得している人材を雇うのではなく名義だけ借りて申請をしようとする場合もあります。しかしながら介護業界において、サービス管理責任者の「名前だけを貸す」ことは、原則として不可能です。サービス管理責任者は、介護サービスの質を保証し、スタッフの教育や指導、サービス提供の管理などを担う重要な役割を持っています。彼らの職責は、単に名前を掲示するだけでなく、実際にサービスの質の向上と運営に責任を持つことを要求されます。

 

こうした理由から、介護施設などはサービス管理責任者を以下に雇い続けるかといったことに焦点を当てていることが予測されます。

もしあなたがこれから先のキャリアアップを目指いしているのであれば、ぜひサービス管理責任者の道を目指してみるというのも一つではないでしょうか?もしサービス管理責任者として働くことができれば、あなたは企業側から必要とされる人材であり続けることができるかもしれませんね。

 

    関連記事

    1. グループホームにおけるサービス管理責任者の役割とは?

    2. サービス管理責任者の役割 | サービス担当者会議 2

    3. 介護業界のキープレーヤー|サービス提供責任者とサービス管理責任者の違い