サービス管理責任者に学歴は関係あるのか?

サービス管理責任者として働くには規定の実務経験を満たし、そのうえで規定の研修を受講しなければいけません。

その実務経験のなかに、それぞれ必要な業務と経験年数も定められており、介護職員初任者研修や保育士といった資格のほか、国家資格による業務における必要経験年数等も定められています。

とはいえ、資格を保有していない方はサービス管理責任者を目指すことができないのかというと、そうではありません。

 

サービス管理責任者に学歴は必要?

結論から言いますと、サービス管理責任者に必要な学歴はありません。

もちろん国家資格を取得していると、少ない実務経験でサービス管理責任者を目指すことができるうえに、一般的なイメージとしては、福祉系の学科がある大学や専門学校を卒業しなければいけないといった考えをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか。

しかし資格や専門知識がなくても、規定の実務経験を満たすことができたら研修を受講しサービス管理責任者として働くことは可能です。

中卒や高卒であったとしても様々な現場で知識や経験を得たり、意欲的に福祉分野の勉強をしたりなど、自分自身の行動次第で学歴以上の強みになりえるでしょう。

 

サービス管理責任者としてスキルアップするには

・障害福祉についての理解を深める

障害福祉業界は一定の頻度で制度が更新されたり変更されたりすることがあります。

日頃から障害福祉分野についての情報収集を行い、新たな情報が更新され次第、知識をアップデートするようにしましょう。

 

・自己分析を行う

サービス管理責任者として働く上で、自分自身の足りない部分や短所などを把握し、それらを補えるように研修会やセミナー、参考書から学ぶなど、積極的に行動し学びを深めることが重要となります。

まずは自分自身の長所や短所、強みや弱みなどを把握することから始めましょう。

 

・資格を取得する

サービス管理責任者として働いていても、資格を取得することは可能です。自分自身の知識の幅を広げ、利用者様に対してのサービスの質の向上を図ることができます。

特に社会福祉士などといった資格は、サービス管理責任者にとっても関わりの深い職種になる上、資格手当など給料に反映される可能性もあります。

 

サービス管理責任者に学歴は関係あるのか? | まとめ

サービス管理責任者は学歴関係なく様々な方が活躍しています。

サービス管理責任者として働く上で学歴はそれほど影響しません。

しかし自分自身学歴が気になる方はスキルアップをして学歴をカバーしてみてはいかがでしょうか。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者を目指すことができる意外な職種 保育士編

    2. 障害者虐待の深刻な現状とサービス管理責任者の対応の必要性

    3. 他の介護職からサービス管理責任者に転職する理由