ケアマネジャーに人気の副業をご紹介します

介護士から様々な経験を経て、スキルアップの甲斐あってケアマネジャーの資格取得ができたとしましょう。ケアマネジャーになると今までの介護業務から一転した生活が待っています。今までは身体介護などの業務が主だったかもしれませんが、ケアマネになると介護サービスの利用者に対するケアプランの作成や調整、サービス提供者との調整が主になります。

そのため業務内容になれるまで時間がかかるかもしれません。

しかし、給与面は今までよりも向上することが見込めるかもしれません。そのうえでもまだ給与アップを目指したいというのであれば、副業を考えてみてもいいかもしれませんね。

今日はケアマネジャーとしての副業について考えてみたいと思います。

 

ケアマネジャーが副業をするうえで人気の内容とは?

さて、ケアマネジャーが副業をするうえで人気のある職業とはどのようなことがあるのでしょうか?

まずケアマネジャーとしての介護や福祉に関する知識や技術を駆使した講習会の講師という方法があります。

講師として働く場合、よくある講座内容としては、

  • ケアマネジメントに関する講座
  • 高齢者の介護に関する講座
  • 福祉施設の運営に関する講座
  • 介護予防に関する講座
  • 家族介護に関する講座

などが挙げられます。

またケアマネジャーが講師としてできるテーマは多岐にわたるため、

自分のスキルや経験、興味に合わせて選ぶことが大切です。

また、講師としてのスキルアップやネットワーク形成にも努めることで、より幅広い活躍ができる可能性がありますので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

また、副業にはほかにも介護に関するコラムの執筆であったりブログ作成であったりもいいかもしれません。

ケアマネジャーは書類業務が多い関係上、文章を書くことに慣れる傾向があります。

そのため介護事情であったり、利用者様の悩み相談などのブログ、最近の介護現場の情勢についてのコラムの作成などもケアマネジャーの副業としては人気です。

 

ブログやコラムの作成というコンテンツを持つということは将来的に自分のアピールだけでなく、スキルアップにもつながりますので、ぜひ挑戦してみてもいいかもしれませんね。

 

いかがでしたでしょうか?

ケアマネとして働く上で時間に追われるということもあるかもしれません。

しかしながら隙間時間を見つけて副業をする方法はケアマネジャーにもありますので

ぜひ挑戦してみてくださいね。

    関連記事

    1. 就労支援施設におけるサービス管理責任者の役割とは?

    2. 介護業界のサービス管理責任者が兼務できる可能性のある職種

    3. 空気を読む力|介護士にとっての必須スキル