介護士が転職前に調べておきたい給与や休日の取り方とは?

介護士が転職を決めるきっかけには、ライフスタイルの変化が一番大きな要因を占めます。そのため、時短勤務であったり、給与面の改善であったりという面を期待して転職を決めたという方もおられるのではないでしょうか?

しかしながら、転職先で給与面であったり勤務時間や休日の取り方で、面接時の話と異なったりということも少なくありません。

 

そのため、介護士が転職をする際のトラブルについて今日は考えてみたいと思います。

 

転職前に調べておきたい給与や待遇面の問題

介護士の給与は低く、労働環境も厳しいことが多いため、転職先で給与や待遇面が改善されることを期待している場合があります。

しかし、実際には前職よりも低い給与や待遇の悪さに不満を抱くことがあります。特に介護士は夜勤手当を目的に働いているという方もおられ、ライフスタイルの変化に伴って夜勤がない職場や時短勤務を考えているという場合があります。

 

そのため、給与面について前職と異なるということも少なくありません。

その場合は自分の勤務に伴う現在の給与形態をきちんと理解し、今の状態で時短勤務になった場合、どの程度の給与なのか、これから転職をした先でどの程度の給与が見込めるのかを事前に調べておくことが重要になります。

給与面のトラブルは一番職場内の問題として起こりうる内容になりますので、覚えておきましょう。

 

転職の面接時に確認しておきたい勤務時間や休日の取り方とは

介護現場は24時間体制で、夜勤や休日出勤が必要な場合があります。転職先での勤務時間や休日の取りやすさが前職よりも悪化してしまうことがあるため、ストレスを感じることがあります。

そのため、自分のライフスタイルの変化に伴って転職をする際に、急な休みの取り方や休日の呼び出しの有無などはしっかりと相談しておく必要があります。

 

介護現場は人員不足に悩まされている場合が多いため、こうした急な対応を余儀なくされるということも少なくありません。

そのため事前の面接の際にこのあたりの問題は解消しておく必要があります。

 

いかがでしたでしょうか。

給与面や休日、勤務時間の問題はどの職場においても付きまとっているものです。

しかしながら次の転職先よりも今の職場の方が実は待遇がよかったという場合もありますので、自分で事前に調べるという努力も必要ですね。

    関連記事

    1. 生活相談員と生活支援員の違いとはいったい何か?

    2. サービス管理責任者がきついといわれる理由

    3. 時短勤務でおすすめはデイサービス