介護タクシーで重要なのは介護技術と接客技術である理由とは?

介護タクシー業界は年々需要が伸びているといっても過言ではありません。

高齢者が増加してきている現状において、介護業界の人手不足は常に問題視されており、それは介護タクシー現場においても同様です。

しかしながら介護タクシーに転職する、もしくは介護タクシーを独立して行おうとする人がいる一方、実際どのようにすれば独立開業できるのかわからないという方もおられるのではないでしょうか?

調べてみた限りだと介護タクシーに転職したからといって稼げるとは限らないようです。しかしながら介護タクシー現場はこれからの時代においてニーズは高いと私は予想しています。そのため介護福祉士や介護現場で働くスタッフが介護タクシー現場に就職するメリットや、収入を安定させる方法について調べてみましたのでご紹介したいと思います。

 

介護タクシーは介護技術に加え接客技術が重要

介護タクシーだけでなく、タクシー業界は実はこれから先の時代において私自身は稼げる職業の一つだと考えています。インバウンドなどの影響により海外からの旅行客などに出会う機会は多く、接遇面できちんとお客様に対してサービスが充実していれば、お客様の方から「あなたに送迎してほしい」と言ってもらえる時代だと思っているからです。

 

これは旅行者だけでなく、介護タクシー現場においても同様のことが言えます。

介護タクシーでは介護技術が求められることが多く、利用者様に対して身体介護など車いすから車への乗り移りなど利用者様に触れる機会は少なくありません。

 

そのため心地よいサービスを提供することができれば、「またあなたに送ってほしい」と言ってもらえる仕事の一つだと私は感じています。

 

こう思ってもらえれば、あとはこちらのものです。自分自身のスケジューリングによりますが、比較的仕事を得ることは可能だと感じています。

 

これから先の時代、高齢社会が進行し、高齢者や要介助者が増えることが容易に想像つきます。そのため介護タクシー現場においては、すでに人手不足だけでなくタクシー不足が予想されているのです。

介護タクシー現場は主に通院などの利用が多いため夜勤業務もあまりない様子なので、ぜひこれからの転職で介護タクシー業界も一つの選択肢に入れることもありなのではないでしょうか?

 

    関連記事

    1. ソーシャルワーカーの人手不足|人々の支えに必要な専門家の減少

    2. 生活相談員に向けられたクレームは他職種で解決しよう

    3. 介護福祉士が覚えておきたい立ち上がり介助で負担を軽減する方法とは?