介護福祉士の転職先としてニーズが増えている旅行介助士とは?

介護福祉士の仕事としては、介護現場において施設や在宅で働くという考え方が浸透していると思います。しかし実は旅行介助士という仕事があるのをご存じでしょうか?

高齢者や体に障害を負った患者様でも、旅行に行きたいと考えている方も少なくはありません。こうした方々の旅行をサポートし、旅行の間の介護を一手に引き受ける仕事があるのです。これを旅行介助士というのですがあなたは知っていますでしょうか?

今日はこうした仕事について解説してみたいと思います。

 

介護福祉士の転職先として旅行介助士も増えています

旅行介助士は、高齢者や身体的な制約がある人々が、旅行を安心して楽しむために同行し、必要なケアやサポートを提供する専門職のことを指します。バリアフリーな旅行環境を整えたり、利用者の日常生活の援助を行ったりすることで、旅行中の利用者の快適な体験をサポートする仕事なのです。

 

具体的な内容としては旅行計画と調整であったりバリアフリーな環境整備、日常生活の援助や緊急時の対応などが求められています。

 

こうした旅行先のサポートを一手に引き受けようと思うと、介護に対する専門的な知識が求められることになります。そのため介護福祉士などの国家資格を得ている介護の専門家がこうした仕事に就くことが多いようです。

 

特に身体的な障害を持つ人々のためにバリアフリーな環境を整えたり、旅行中の環境確認、ルートの設定などは、こうした専門的な知識を持っているかどうかによって、快適な旅行を提供できるといっても過言ではありません。

そのため介護に対する専門的な知識が求められるため、旅行介助士の仕事は一般人にはなかなか荷が重い仕事なのではないかと私は感じますし、介護福祉士が働く職域拡大としてとても重要な仕事だと私は感じます。

 

現代社会において高齢者や障害者などが外出や旅行を楽しむためのサポートを行う重要な職業として徐々に認知され始めました。これから高齢者は徐々に増加傾向になるといっても過言ではありません。旅行介助士にはバリアフリーな環境の整備や日常生活の援助、緊急時の対応など、幅広いスキルが求められます。介護施設や旅行会社、福祉団体などが提供するサービスとして、需要が高まっていますので、こうした転職先を選んでみるというのも一つではないでしょうか?

    関連記事

    1. 医療従事者の転職で転職情報サイトを本当に信用しても大丈夫なのか?

    2. サービス管理責任者の現任研修と補足研修とは

    3. 介護士からのキャリアアップで社会福祉士を目指す方法とは?