サービス管理責任者が目指す利用者様にとっての「適切な支援」とは

サービス管理責任者は、各利用者様に応じて適切な障害福祉サービスを提供するにあたって、相談支援から始まり、個別支援計画の作成、各関係機関の連携などを行わなければなりません。

では、利用者様にとっての「適切な支援」や「最適な支援」とは一体どのような支援なのでしょうか?

もちろん各利用者様の障害はそれぞれ異なり、障害特性やパーソナリティに応じて個別支援計画を作成しなければいけませんが、共通の認識として持っておきたい考え方があります。

 

サービス管理責任者が考えるべき整合性のある支援とは?

利用者様を支援するにあたって、スタッフ間や各関係機関の間で支援の方向性や意向にギャップを感じたことのあるサービス管理責任者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

支援する側の意向やサービス提供方法にギャップがある場合、支援される側の利用者様は混乱してしまいます。

利用者様の相談内容や意向、ニーズに基づいたサービス支援内容を作成しなければ利用者様の課題解決に繋がらず、目標も達成することができないため、整合性のある個別支援計画を考え共有することが、サービス管理責任者には求められます。

 

統一した支援のためにサービス管理責任者なら持っておきたい視点をご紹介します。

・変化に対する気づき

利用者様に対して相談支援を行い、ある程度社会的背景を理解したからと言って、すべてを把握できていると思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

利用者様のご家族様や経済状況、知人友人など周囲の環境の変化によって利用者様のライフスタイルや気持ちに変化が起こることは多々あります。

しっかりと「現状」を把握し支援内容を見直すことが重要になります。

 

・ニーズの理解

上述したように、周囲環境の影響によってもニーズは変化します。

最初に確認したニーズのままであるということはなく、適切なタイミングで再聴取し、サービス支援内容を修正し利用者様の思いを反映させなければいけません。

 

・支援に対しての満足度

利用者様が支援に対して満足頂いているかどうかは重要な指標です。

利用者様がどのように感じているのか、サービス提供者側で利用者様の思いを聴取し情報共有するなどの視点も必要になります。

 

では実際統一した支援を行うにあたってサービス管理責任者がとるべき行動とはどのようなものがあるでしょうか?

 

それはまた次回の記事で解説します。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者を目指すことができる意外な職種 保育士編

    2. サービス管理責任者がニーズ整理表を使用する際に気を付けたいこと

    3. サービス管理責任者は兼務が可能かを調べてみる