介護士が高収入を目指すなら夜勤や副業がおすすめの理由とは?

介護士の給与問題について、過去の記事ではいろいろな給与アップの方法を解説してきました。やはり介護職の給与アップには様々な資格を得ることが重要だということがわかると思います。

先日の記事でも書いてみましたが、介護福祉士の資格を取得して10年以上のキャリアがあれば月額8万円の給与アップも見込めるのです。そのため年収400万円以上を目指すことも可能です。

さて、さらに給与アップを目指す方法はほかにないのか?

と思い調べてみると、結構いろいろな方法がありましたので今日はご紹介してみます。

介護士の給与アップに夜勤手当を増やしてみよう

介護士としてある程度キャリアを積んでこられたあなたは、夜勤回数を増やして夜勤手当を給与に加算するという方法があります。

夜勤手当は所属先によって加算数は異なりますが、おおよそ5,000~8,000円となっています。調べた中では介護老人保健施設が一番高いような印象を受けます。

夜勤回数を増やすとその分、給与のアップだけでなく、祝日回数も増えますので、一度試してみるのもいいかもしれません。

しかし夜勤回数を増やすということは、不規則な生活を続けるということです。

体調面の変化に気を付けて自己管理を徹底しなければ、長続きはしないです。

介護士は副業で収入アップを目指す人もいます

他にも副収入を得るという方法もあります。

最近は副業を禁止する施設も減ってきているようですので、就業規則に副業の禁止が盛り込まれていなければ、ぜひ検討してみるのも一つかもしれません。

さて、ではどのような副業があるのかを調べてみました。

  • 在宅ワーク
  • コンビニの夜勤バイト
  • 訪問介護
  • 家事代行

介護士・副業で検索するだけでも単純にこれらの仕事が見つかりました。

訪問介護や家事代行は、自分のキャリアを活かした仕事ができそうです。

あなたの技能面を買ってくださる方も少なくありません。

事実私の知り合いにも、介護士として働いていたけれど、家政婦としてある人の専属で働くことになったという方もおられます。

こうした副業を視野に入れて、無理のない働き方を選ぶというのも一つの方法かもしれませんね。

ですが最後に一つ注意点をお伝えすると、副業では確定申告が必要な場合もあります。こちらについてはまた別の記事でご紹介しますね。

    関連記事

    1. 時短勤務でおすすめはデイサービス

    2. 精神保健福祉士の求人数が急増中|その理由とは?

    3. サービス管理責任者とリハビリ職の勤務地の関わり