介護現場で働くケアワーカーという仕事について考えてみた

介護現場で働いている現場スタッフの中には、介護士以外にケアワーカーという仕事もあるのをご存じでしょうか?ケアワーカーとは介護の現場で働くスタッフのうち、介護士以外の人たちを指します。

主な業務としては、施設内の清掃や洗濯、食事の配膳や下膳、レクリエーションの企画や実施などがあります。また、介護施設やデイサービスなどで働くことが多く、雇用形態としては、パート・アルバイトが多いのが現状です。ではなぜ介護士ではなくケアワーカーという仕事ができたのかを今日は解説してみたいと思います。

 

介護士ではなくケアワーカーという仕事が増えてきた背景とは?

介護士とは介護の資格を持っている人や介護実務者研修などの訓練を受けた人を指します。主な業務としては、入浴や排泄などの身体介護、食事や移動などの生活援助、健康管理や介護計画の作成などがあります。また、病院や介護施設、訪問介護などの場所で働くことができます。

 

一方、ケアワーカーとは前述したように介護士以外の仕事を行う人のことを指します。

ではなぜ介護士ではなくケアワーカーとしての仕事をする人が増えてきたのでしょうか?その背景には高齢化や少子高齢化が進む現代社会において、介護や福祉のニーズが増えたことがあります。また、介護職に就くための資格を取得することが難しいと感じる人や、経験を積むための就労先を探している人にとって、比較的容易に就ける職種として注目されるようになりました。

 

ケアワーカーは介護職の一種であり、介護の現場で働くことが多いですが、介護福祉士や看護師のような専門的な資格が必要なわけではありません。一方で、一定の研修を受けて職務に就くことが求められる場合もあります。ケアワーカーは、介護職に就く前段階の職種として選ばれる人が増えているようです。

 

ケアワーカーとして就職しているのはどんな人が多いのか?

ケアワーカーとしての仕事は、中高年層やシニア層にも人気の仕事と言えます。

転職や再就職の機会として、介護職に興味を持ち、ケアワーカーとして働くことが増えています。介護職は、高齢化が進む中で需要が高まっている職種であり、シニア層の方にとっても、自身の経験や知識を活かして社会貢献をすることができる職業として魅力的な選択肢となっているようです。

 

いかがでしょうか?

近年ケアワーカーの仕事がメディアに取り上げられているため、介護士との違いが判らないという方もおられたと思います。ぜひこの機会に知ってみてもいいかもしれませんね。

 

 

    関連記事

    1. 福祉施設におけるアルバイト需要とは

    2. 訪問介護の移動負担を軽減する方法 | 自動車編

    3. 生活相談員が送迎業務を行う上で注意すべきこととは?