介護福祉士が利用者様と関係性を構築するために重要なこととは?

介護福祉士は、高齢者や障害者などの支援を行う専門職であり、彼らの生活の質を向上させるために大切な存在です。偉そうに思われずに、より良いコミュニケーションと信頼関係を築くことが現場では求められています。

しかしながら、どうしても業務が過多で時に利用者様と衝突してしまうこともあると思います。そうしたときにあなたはきちんと利用者様の意見を聞くことができていますか?

今日は利用者様との関係性を構築していくために必要なことを説明します。

 

介護福祉士が偉そうと思われないために必要なこととは?

 

介護福祉士が利用者様と関係性を構築できない一番の理由は、あなたの態度や性格面が問題ではないと思います。もちろん、利用者様との関係性構築にこうした一面はとても重要ではあります。しかしながらあなたは仲間や友達と関係性をきちんと構築できているはず。ではなぜ利用者様と関係性を構築できないのかを考えたことはありますか?

 

一番の理由は、業務過多に伴い利用者様とコミュニケーションをとる時間が圧倒的に少ないということが問題です。利用者様の意見に耳を傾け謙虚に共感しなければいけないことは、重々承知しているはず。ではなぜできないのか?

それは仕事時間の間に利用者様の訴えにかける時間が確保できていないため、

「あの人は話を聞いてくれない」

「あの人は偉そうだ」

といったクレームに繋がるのです。

 

ではどのようにしなければいけないのでしょうか?

 

介護福祉士が偉そうと思われないためには仕事の効率化を図ろう

 

仕事が忙しいからといって、あなたの仕事内容を減らすことは難しいでしょう。なぜなら皆が同じように仕事をしているからです。

ではどのようにしていくべきかということですが、まずは自分の業務内容を整理し、どの時間を効率的にすることができるかを考えることが重要です。

業務の中には無駄な時間というものが存在しています。例えば「今から何をしようかな」と考えるような時間は時間のロスに繋がるのです。

こうした時間を少しでも減らすことが、利用者様との関係性構築にかける時間を確保することに繋がります。

自動車教習所でもあなたは様々なことを学びますが、急いでいるとどうしても横着してしまうことがありますよね。それと同じで利用者様との関係性構築にも余裕をもって対応できるといいですね。

 

    関連記事

    1. 経験の浅い介護士が転職で失敗しないためには複合施設がおすすめの理由

    2. サービス管理責任者のキャリア成功法

    3. 就労支援施設におけるサービス管理責任者の役割とは?