精神保健福祉士の求人数が急増中|その理由とは?

あなたは臨床で働いていると、精神的に問題を抱えた利用者様に出会うこともしばしばあるのではないでしょうか?こうした精神的に問題を抱えた方を支えるためには精神保健福祉士という職種が専門的に関わっているのを目にしたことがあると思います。

精神福祉士としての仕事は、精神的な健康を支え、人々の生活の質を向上させる重要な役割を果たします。今回は、精神福祉士への転職を実現するためのステップについてご紹介します。

 

精神保健福祉士として働くために必要なこととは?

 

精神保健福祉士は基本的に名称独占として知られており、精神保健福祉士の資格を取得することで名乗ることができます。取得方法は日本精神保健福祉士養成施設協会や大学などで取得することができます。資格取得には一定の学習期間や実務経験が必要で、その後精神保健福祉士の国家試験に合格する必要があります。

 

もしあなたが国家試験に合格することができたのであれば、臨床の中で精神保健福祉士として活躍することができます。

心に病を抱えた利用者様が日常生活をスムーズに行うことができるように、社会参加の手助けや環境調整を行うことができます。

その対象は様々で、精神障害を患っておられる利用者様だけでなく、そのご家族様が対象になります。

 

働く場所は医療機関として総合病院の精神科から、メンタルクリニック、生活支援や就労支援として行うことのできるグループホームや地域活動支援センター、相談支援事業や自立訓練事業所、保健所などが挙げられます。

 

こうした様々な勤務先で精神保健福祉士は活躍されていることを見ると、多くの場所で精神保健福祉士の需要があるのだというのが理解できます。

 

こうした活躍の場所が増加しているのは心の問題が社会的な課題として重要視されてきています。今までは精神科だけで対応してきていましたが、今では様々な場所で精神的な悩みを解決していく必要性が認められてきているからです。

 

そのため転職情報サイトでも求人数は急増しており、2021年では2万件弱で合った求人も、2023年の現代においては20万件近い求人数を誇っているということを見ても、ニーズは高いといっても過言ではありません。これから転職を考えているのであれば、こうした資格を取得するということも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. サービス管理責任者のやりがいと利用者の成長

    2. 理学療法士が転職を考えるならジェネラリストを目指すべき理由とは?

    3. 訪問介護分野で養いたい介護士に必要な観察眼の鍛え方を解説します