男性介護士が働きやすい職場環境を作るために必要なこととは?

介護現場における男女比率は女性の方が高く、全体の6割が女性という現状があります。

また、訪問分野においては特にそれが顕著に表れており、全体の87%が女性という現状があります。しかしながら男性の介護職員は重宝される傾向にあり、介護現場のニーズと給与面の不一致が現在の介護現場における問題点としてよく挙げられています。

それはなぜか?

介護現場は非正規雇用の割合が高いこともあり、働き方の自由度が高い傾向にあります。そのため女性が求める柔軟な働き方に合致するために女性の割合が高くなっている傾向にあるのではないでしょうか。

しかし、介護現場はかなり重労働な環境であるといっても過言ではありません。

介護現場における男性の重要性とニーズの高さについて今日は解説したいと思います。

 

介護現場で男性介護士は不可欠な理由とは?

介護現場は人と人の関わりの中でケアを行っていく必要があります。

そのためかなり繊細なケアが求められる現場であり、女性的な目線で考える必要があり、度々男性職員はこうした場面で頭を打つことが見受けられます。

しかしながらだからと言って男性職員では役不足かというとそうではありません。介護現場はかなりの重労働な現場でもあります。体格の大きい利用者様の介護を担当する場合は男性職員でないと対応できないという場面も少なからずあります。

 

そのため男性介護士の存在はとても貴重であるといっても過言ではありません。

 

しかしながら介護現場は女性の割合が高く、男性の肩身が狭いという場合も見受けられます。

こうした現状はいまだに解決されていない現状を何とかしなければいけません。

 

男性介護士が働きやすい職場環境を作るためには

今後介護士に転職を考えるという男性の方も少なくないと思います。

しかしながらまだまだ女性職場である現状は今後も変わることはないでしょう。

少しでも男性介護士が働きやすい職場環境を整える、もしくは男性介護士が選ばれる職場が増えてくることが好ましいと思います。

 

介護現場は女性的な細かなケアが求められる現場でもあります。

これをまず理解したうえで、男性介護士はいかに利用者様に寄り添った介護を考えるかを考えていかなければいけません。こうした考え方を持つかどうかが、男性介護士が働きやすい職場環境作成の第一歩だといっても過言ではないかもしれません。

働きやすい職場は自分の手で作り上げる、という気持ちで頑張っていきましょう。

 

    関連記事

    1. 療養介護施設でのサービス管理責任者の主な仕事

    2. 保育士の離職理由|仕事と情熱のはざま

    3. 初めて介護士として働くあなたにおすすめの支援金制度をご紹介