主任介護支援専門員に求められる能力について考えてみた

主任介護支援専門員の資格を取得されたあなたは、居宅介護支援事業所や介護老人福祉施設など様々なところでの活躍を期待されると言っても過言ではありません。

あなたの豊富な知識や経験を役立てて、より信頼を勝ち取っていくことができると思います。

しかしながら、主任介護支援専門員になったとはいえ、今後どのような能力が求められるのでしょうか?

今日は主任介護支援専門員の資格を取得されたあなたに求められることについて解説してみたいと思います。

 

主任介護支援専門員の資格を取得したあなたに求められる能力とはいったい何か?

ケアマネジャーと主任介護支援専門員の違いとはいったい何でしょうか?

それは主任介護支援専門員に求められることはケアマネジャーのまとめ役的存在になる職業であると言っても過言ではありません。

 

まとめ役になるということは、ケアマネジャーのマネジメントが必要になります。

チーム内のスタッフの役割や業務を的確にマネジメントし、効率的かつ高品質なケアを提供することが必要です。

 

また事業所の管理運営にも携わることもあります。たとえば、スタッフの採用やスケジュール調整、業務プロセスの改善などを行い、事業所の円滑な運営に貢献することが求められます。

 

そしてスタッフの指導や育成をすることが求められます。スタッフがより質の高いサービスを提供できるように、研修や指導を行い、スタッフのスキルアップをサポートすることが求められます。

 

こうしたケアマネジャーの管理運営業務を担うのが、主任介護支援専門員に求められる能力なのです。

 

主任介護支援専門員の試験はいつ受けることができるのか?

主任介護支援専門員の試験は毎年2回実施されるようですが、各都道府県によって異なりますので、県のホームページや介護支援専門員協会のホームページ等で確認するのがいいかもしれません。

兵庫県では2023年の申し込みを調べてみたところ、すでに主任研修の申し込みは終わってしまっているようですが、年二回ほどは開催されるようです。

おおよそ各事業所にこうした情報もFAX等で届くようですので、ぜひチェックしておくことをおすすめします。

 

今後あなたがスキルアップを考えているのであれば、ぜひいろいろなところにアンテナを伸ばして調べるようにしてみてくださいね。

 

    関連記事

    1. 理学療法士や作業療法士が福祉用具専門相談員として働くためには?

    2. サービス管理責任者の役割 | 就労支援について

    3. 介護福祉士の身体の負担を減らしながら移乗を促すために必要なこととは?