介護現場で後輩ケアマネジャーが年上の場合どのように指導や教育をすべきか?

ケアマネジャーの平均年齢は49.9歳という試算が2020年に出されました。

そのため、大学を卒業して現場に出ている若手ケアマネジャーとしては後輩に年上が入社してくるという場面も少なくありません。

そのため、人間関係に悩み現場を離れるというケアマネジャーがいるのも一定数いるようです。そこで年上を指導するうえで重要なことについて今日は考えてみたいと思います。

 

転職する前に年上を指導するうえで重要なことを考えよう

 

介護現場は平均年齢が高く、年上が後輩として現場に入ってくるということは少なくありません。もしあなたが年下で、後輩が年上という場合、あなたが年齢的に若く、社会経験が少ないと舐められるということもあると思います。

しかしながら、介護現場、ケアマネジャーとしての経験はあなたの方が上なのは周知の事実です。そのためあなたが後輩をいくら年上だからとはいえ、指導しなければいけないという葛藤に悩まれているのもよくわかります。

後輩も社会経験があるというプライドがあり、あなたも職場の上司としてのプライドがあるため、そのプライドが邪魔をして人間関係を悪化させてしまうというのが、人間関係の悪化の原因だと思います。

 

そのため、お互いを尊重し、相手のことを考えるというスタンスが、どちらにも重要であることをまずお話ししたいと思います。年上であっても、相手の経験や知識を尊重し、信頼関係を築きましょう。相手に対してオープンな態度で接し、共に成長できる環境を作ることが重要になります。

 

次にケアマネジャーの仕事だけでなく、どのような仕事においてもコミュニケーションが不可欠です。自分の意見をしっかりと伝えるだけでなく、相手の意見も聴く姿勢を持ちましょう。また、フィードバックを行う際には具体的な事例や改善点を示すことで、相手も納得しやすくなります。

 

そして最後に、年上の後輩も経験や知識を持っていますが、新しい情報やアプローチに対しても柔軟に学ぶ姿勢を持ちましょう。お互いに切磋琢磨し、より良いケアを提供するためにお互いが成長するという姿勢が重要になります。

 

介護現場は後輩が年上という特殊な状況が生まれます。そのためこうした悩みをぜひ一人一人が考え、お互いを尊重しながら成長するという姿勢を実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

    関連記事

    1. 個別支援計画の作成とモニタリング

    2. 介護職に向いている人の特徴とは

    3. 転職でおすすめの介護業界 | 仕事と育児の両立