ケアマネジャーの仕事で残業を回避する方法とは?

ケアマネジャーの仕事は書類業務に追われ、常に残業が当たり前という実情があるという悩みを持っていませんか?書類業務をパソコン上ではなく、手作業で行っているという事業所もあることでしょう。しかしながら、現代社会位においてパソコンを利用せずにケアマネジャーの仕事を行うというのは難しいといっても過言ではありません。

これからの時代において業務はパソコンやインターネットを有効活用していくことが求められます。

残業を回避するためにはこうしたスキルが重要になります。

今日はケアマネジャーの残業について考えてみたいと思います。

 

ケアマネジャーの残業は当たり前なのか?残業を回避する方法とは?

ケアマネジャーの業務には、一定の負荷や忙しさが伴うことがありますが、残業が当たり前というわけではありません。業務の内容や担当する利用者数、働く組織の体制などによって残業の有無や量は異なる場合があります。

 

一部のケアマネジャーは、利用者のケアプランの作成や調整、ケア会議の運営など、時間的に制約のある業務を担当しているため、一定の労働時間外の業務が発生することがあります。また、緊急事態やトラブルが発生した際には、柔軟な対応が求められることもあります。

 

しかし、労働時間の適正化やワークライフバランスの重視が進んでいる現代では、ケアマネジャーの労働環境も改善されつつあります。労働時間の管理や効率化、チームや組織のサポート体制の整備など、残業の削減や負担軽減に向けた取り組みが行われています。

職場の書類業務をパソコン上で対応できる等の業務ツールの改善などは企業努力のたまものといっても過言ではありません。企業側の努力もそうですし、職員側の努力もこれからは必要になります。

 

また、労働時間や残業に関する具体的な制度や規定は、所属する組織や雇用形態によって異なる場合があります。労働時間や残業に関して不満がある場合は、組織の上司や人事部門との相談や労働時間の見直しの提案を行うことも考えましょう。

 

重要なのは、自身の働き方や健康を考慮し、適切なワークライフバランスを保つことです。効果的な時間管理や業務の効率化、ストレス管理など、自己管理のスキルを高めることも重要です。

ぜひ残業を回避するために自分にできることを考え、少しでも労働環境を改善していければいいですね。

    関連記事

    1. 災害時の介護福祉士やケアマネジャーの役割について考える

    2. ケアマネジャーがやってはいけないことについて解説します

    3. ケアマネジャーが転職する前に考えたい仕事に求める価値とは?