ケアマネジャーが後輩指導において重要なスキルを4つご紹介します

ケアマネジャーの現場においても後輩を指導する場面は多いと思います。その場合、あなたは感情と指導を混同してはいませんか?

どうしても我々は人間ですので、感情的になりがちになります。しかしながら後輩指導をするうえでは感情的になってしまっては後輩もそうですし誰も話を聞こうとしません。

そこであなたの思いや感情を抑えて後輩を指導する方法について今日は考えてみたいと思います。

 

ケアマネジャーが後輩指導に重要な抑えておきたい4つの指導方法とは?

 

後輩指導はどのような現場においても重要なスキルであるといっても過言ではありません。しかしながら指導を行うということは、現場の業務スキルとは別のスキルが必要になります。

そこであなたが覚えておくべき後輩指導において、感情的にならずに後輩指導をする方法を4つほどご紹介してみたいと思います。

 

  • コミュニケーションを重視する:まずは相手の意見や考えを尊重し、オープンなコミュニケーションを心掛けましょう。これは後輩指導においても重要ですし、利用者様との官益性を築く上でも重要なことです。我々の現場は人対人の現場です。コミュニケーションスキルは何においても重要になります。相手の気持ちを考え、何に困っているかを引き出すことも指導において重要なスキルです。

 

  • 具体的なフィードバックを行う:後輩に対して具体的なアドバイスや指摘をすることで、改善点を明確に伝えることができます。ただし、批判的な表現ではなく、建設的なフィードバックにすることが重要です。ここができないことで、感情的になってしまうことが多いと私は感じています。現場においてあなたがわからないことは後輩に指導することはできません。指導をするうえではここをしっかり押さえておきましょう。

 

  • ポジティブな姿勢を示す:後輩の成長をサポートするためには、ポジティブな姿勢を持つことが重要です。彼らの良い点や成果を認め、励ましの言葉をかけましょう。

 

  • 一緒に働く意識を持つ:後輩と協力し、一緒に仕事を進める意識を持つことで、チームワークを醸成します。彼らの成長をサポートするだけでなく、一緒に学び合うことも大切です。

 

いかがでしたでしょうか。

後輩を指導するうえで覚えておくべきことは、後輩は思い通りには動いてくれないということです。部下を指導するためには、動きたいと思わせる必要があり、こうしたスキルは必ず覚えておく必要がありますので是非チェックしてみてください。

 

    関連記事

    1. ケアマネジャーに転職前に受講したい介護事務講座とは?

    2. 50代でもケアマネジャーへの転職は本当に可能か?

    3. ケアマネジャーが転職の際に書く志望動機の注意点とは?