介護業界での転職面接で好印象を残す方法とは?

介護業界において一番重要視されるのは学歴ではなく、人柄や、やる気の面が大きいと言われています。その理由として介護業界は人と人の関わりの中で仕事を行うことが主な業務であり、利用者様にいかに安全、安心して過ごしていただけるためにどのような職員を採用するかが重要になるからです。ということは履歴書の内容ももちろんですが重要視されるのは面接です。そこでいかにこの人が対人関係の中で優れたものを持っているかどうかを判断されます。つまり面接は自己PRの場であるといっても過言ではありません。それではその面接であなたの強みや魅力を伝える方法を今日は解説してみたいと思います。

 

介護業界で転職する際に重要視される面接で好印象を残す方法

さて、介護業界では人柄を重要視されるといっても過言ではないと前述しました。

それではどのような方が好印象を与えられるのかを今日は解説してみたいと思います。

 

・よく笑う

・人と接するのが好き

・細かい気配りができる

・礼儀やマナー、社会常識が備わっている

 

こうしたところはよく見られている部分です。

面接の中でいかに笑顔でハキハキ話ができるか、人と話すことが好きだという印象を与えられると好印象を与えることができるかもしれません。

 

また細かい気配りは加点ポイントになりうるといっても過言ではありません。

例えば面接の際にお茶を面接官以外の方に出されたときにあなたはきちんとお礼を言えていますか?

 

意外と面接官に集中してしまい、こうした気配りに対して礼を欠いたり、ちょっとしたことに配慮するということができていないという方は少なくありません。

こうした行動は常に面接の中では試されているといっても過言ではないでしょう。

もしあなたが面接の場でこうしたことをされたら、欠かさずにお礼を述べることを忘れてはいけません。

 

そして最後に礼儀やマナー、社会常識です。

高齢者の方と話をするうえで社会情勢やトピックスをきちんと押さえているかどうかは重要になります。最近であれば日本シリーズの阪神対オリックス戦はきちんと情報として追いかけているかどうかはみられるかもしれませんね。特に高齢者の方は野球好きが多いですから。

 

こうした面接の際に押さえておくべきことを押さえておけば、面接でも好印象が与えられるかもしれませんよ。

    関連記事

    1. 介護業界がICT機器の導入で得られるメリットデメリット

    2. サービス管理責任者の魅力と働きがいについて

    3. サービス管理責任者なら持っておきたい「聞く力」