医療従事者の転職で転職情報サイトを本当に信用しても大丈夫なのか?

医療従事者として病院である程度経験を積んでから、一般企業への転職を考えているという方もおられるのではないでしょうか?病院勤務ではなかなか昇給は難しいと感じておられる方も多く、より多くの給与を求めて一般企業を求めるという声もよく耳にします。

しかしながら、こうした優良物件は実際のところ多くの残業を求められたり、休日出勤を求められたりといった声をネットでよく目にします。

こうしたことがないようにどういった情報を押さえておくべきなのかを今日はご紹介してみたいと思います。

 

転職情報サイトの情報は信用できるのか?

実際、多くの転職情報サイトでは「優良物件はあまり公開されていない」という情報を目にしたことはありませんか?

転職情報サイトでは、優良物件は非公開求人として扱われており、より良い求人を求めているのであれば、サイトに登録してくださいという謳い文句で紹介されていることが多いと思います。

 

しかしながら、優良物件かどうかを企業側はどう判断しているのでしょうか?

一般的に言われている優良物件とは、

 

・高収入

・年間休日が多い

・残業なし

・口コミが多い

 

こうした条件が求められたりすると思います。

しかしながらこうした優良物件は実際のところあまり表に出されないということが意外と多いものです。

こうした求人をもしあなたが求めているのであれば、非公開求人を選択するというのも一つの方法かもしれません。

 

でもここで注意しておかなければいけないのは、こうした優良物件のように見えても、実際のところ休日出勤を求められたり、残業が多かったりとすることも少なくありません。

 

その場合はやはり実際の勤務先の個別な情報収集を行うことをおすすめします。

最近は就職情報サイトの口コミもいい情報ばかりがあふれているということも少なくありません。

そのため、Twitterや様々な媒体での情報収集を利用することをおすすめします。一番いいのは実際の勤務先の人から話を聞けると一番いいかもしれませんが、それが叶えば苦労はありませんよね?

 

今日は転職情報サイトを一方的に信用するのは危険だという話をご紹介しました。

今の世の中、簡単に情報が手に入るからこそ、与えられている情報が本当に正しいのかどうかをきちんと精査していかなければいけませんね。

    関連記事

    1. 管理栄養士が転職する理由とその現状とは?

    2. 介護士の転職先で考えたい特別養護老人ホームの業務内容と実態

    3. ケアマネジャーの転職で人気急上昇中のフリーランスで注意しておくべきこと