サービス管理責任者の求人情報の見るべきポイントと注意点

サービス管理責任者として転職する際に、皆さんは多数の求人情報の中からどのようなポイントを重要視して自身の希望に合う勤務地を探していますか?

転職する理由は様々かと思いますが、今回はサービス管理責任者として求人情報を見るときに、確認しておくべきポイントを解説します。

 

サービス管理責任者が求人情報を見るときのポイント

・サービス管理責任者としての雇用形態、雇用期間

サービス管理責任者といってもほかの職種と同様働き方は様々です。

大きく分けると正規雇用、非正規雇用、直接雇用、間接雇用などがあります。

正規雇用とは雇用期間に限りがなく、フルタイム勤務のことを表します。非正規雇用はそれ以外の雇用形態で雇用期間は定められています。直接雇用の代表的な例は正社員です。事業所から給与をもらうなどのように、事業所と労働者間が直接的な雇用関係があることを指します。反対に関節雇用とは派遣社員のことです。

また雇用形態に関しても、他の業務と兼務する場合は注意が必要ですね。

 

・給料

サービス管理責任者の給料は、基本給や資格給、その他手当などが含まれますが、この中にみなし残業代が含まれているかどうか、通勤手当や賞与の有無なども確認しておくとよいでしょう。

サービス管理責任者の年収は年々増加傾向にありますが、地域や事業所によって大きく異なるため、自身の希望に見合った勤務地を探してみてください。

 

・勤務時間

基本的な契約内容は記載通りとなりますが、サービス管理責任者の日々の業務量は計り知れません。

また利用者様や関係機関の都合によっても左右されスケジュール通り業務を終えられる日は少ないでしょう。しかし、フレックス制度を取り入れている事業所もあるため、ライフスタイルに合った働き方ができる事業所も多く見つかるでしょう。

 

サービス管理責任者が求人情報を見るときの注意点

・ネットでの求人内容と実際の求人内容との相違

サービス管理責任者の需要は右肩上がりですので、その分ネットでの求人も多数目にする機会あるかと思います。しかし掲載内容がすべて正しいとは限らないため、事業所に直接確認するか、もし知り合いなどがいるなら、実際働いている人から情報を得ることが一番信頼できる情報となりますよね。

 

・サービス管理責任者の資格更新等の期限

サービス管理責任者は定められた期間で更新研修を受ける必要があります。もし更新できないとなると資格失効となるため更新と転職するタイミングは要注意です。

 

サービス管理責任者の求人情報の見るべきポイントと注意点 | まとめ

求人情報の探し方は様々ですが、今回解説したポイントや注意点は最低限抑えておく方が大きな失敗は避けられます。

当然のことですが、自身にあった勤務地を見つけられるよう自分に合った方法で新しい勤務地を探してみてください。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者の働く職場について

    2. なぜ今サービス管理責任者が不足しているのか

    3. サービス管理責任者の資格を取得するために必要な条件を知っていますか?