管理栄養士が保育園で働くメリットとは?

保育園では保育の一環として食事を通じて成長を促すという理念、食育という考え方が今注目されています。食事を通じて食への関心を持ってもらうということが重要なのです。

こうした食育にはアレルギーを持つ子供もいるため、一概に全員が同じものを食べれるというわけではなく、こうしたリスク管理を考えるためにも保育園に管理栄養士の重要性を訴える場所も少なくありません。保育園には調理師が勤務しているとはいえ、やはり管理栄養士による栄養という部分の管理はとても重要になります。

今日は管理栄養士の保育園での役割について考えてみたいと思います。

 

保育園における管理栄養士の役割とは?

保育園では子供の栄養状態を把握し、栄養バランスの取れた給食を提供するということが求められます。

子供の一番近いところにいるため、子供の状態を身近で感じながら献立を考えることができるということが一番の魅力ではないでしょうか?

子供を預ける親としては、バランスのとれた食事を提供してもらえる保育園は魅力の一つであります。

そのため保育園は管理栄養士の獲得に努めているところも少なくありません。

 

保育園は公立保育園と私立保育園に分けられており、公立保育園で働く場合には地方公務員になります。そのため各自治体における採用試験に合格する必要があります。もし地方公務員として働くことができれば、給与面のアップも見込めますので是非チェックしておきたいですね。

 

保育園における管理栄養士の役割は、子供たちの職や健康を守ることが第一の課題になります。

給食やおやつの献立作りで子供が喜ぶ食事だけでなく、子供の食育に携わる栄養士として、食を通じて子供に食の重要性を伝えることが管理栄養士の役割になります。

栄養バランスのとれた食事を安全、安心に子供たちに提供し、子供たちが季節感を感じたり、おいしさに触れたりする工夫が求められます。

また同じ献立になってしまうと、どうしても食の楽しみがなくなってしまいますので創意工夫をすることが重要です。

管理栄養士には様々な課題が課せられるかもしれません。しかし食の楽しみを子供たちに与えることができるので、ぜひこうしたことにチャレンジしていってくださいね。

    関連記事

    1. なぜ管理栄養士が転職するのか

    2. 管理栄養士への道:保育士から始めるキャリアアップと転職ガイド