理学療法士が転職を考えるならジェネラリストを目指すべき理由とは?

理学療法士としてのキャリアを次の段階に進め、専門知識とスキルを活用して成功を収める方法を探究しているという方もおられるでしょう。

急性期で働いている方は、少しでも長くじっくりと患者様のリハビリに関わりたいと感じている方もおられますし、回復期で働いている方は、より専門的な知識を求めて急性期病院での勤務を考えているという方もおられると思います。

理学療法士としてより専門性を高めていくためには、様々な経験が必要になります。そのためにキャリアアップとして転職を考えるのは一つの手段とも言えます。

そこで今日は理学療法士としての専門性を高めるために転職を考えているあなたへアドバイスをさせていただければと考えておりますので是非お付き合いください。

 

理学療法士はスペシャリストよりジェネラリストの時代です

近年理学療法士として働いていて、一つの分野に特化して知識や技術を高めるということはとても重要なことだと感じます。しかしながら整形外科の急性期であっても、心疾患を有する患者様がおられたり、脳外科であっても人工関節の術後の患者様がおられたりという経験をしたことがあるという理学療法士は多いのではないでしょうか?

 

高齢社会に突入してきているからこそ、患者様の症状は多様化していると言っても過言ではありません。

そのため理学療法士には幅広い知識や経験を有していることが求められていると言えるでしょう。

 

現に訪問現場に出てみれば、理学療法士が発語練習をしたり、咽頭筋のストレッチをしたりと言語聴覚士が現場で行っていたことを理学療法士や作業療法士に求められるということも少なくありません。

 

これからの時代に置いて理学療法士の専門性を高めることはとても重要ではありますが、より多くの患者様のリハビリを経験し、多様化している患者様のニーズに対応できるセラピスト、広範囲に渡る知識や経験を持つ人材、ジェネラリストとして働けるセラピストが求められると言えるのではないでしょうか?

 

訪問現場では一人で患者様を担当することは珍しくはありません。

整形外科領域でしか働いたことが無いから脳血管障害の患者様は担当できないとは言えません。

ぜひ多様化する患者様の症状に対応できる知識や技術を身に着けてみてくださいね。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者の役割 | サービス担当者会議 2

    2. 介護士の仕事 | レクリエーションが苦手な介護職のためのレク攻略方法①

    3. サービス管理責任者に求められる能力とは?