今地域で求められている認知症介護士とは?

あなたは認知症介護士という仕事を知っていますでしょうか?認知症介護士は、認知症を持つ患者や高齢者に対する専門的なケアを提供する資格を持つ介護士です。

認知症は、記憶力、認識能力、判断力、コミュニケーション能力などの認知機能の障害を伴う疾患であり、日常生活の自立が難しくなることがあります。認知症介護士は、このような患者の特別なケアと支援を提供し、彼らができる限り快適な生活を送ることができるようサポートするのが主な仕事です。

こうした職業は介護現場において年々ニーズが増えており、キャリアアップとしても人気の資格なので、今日はご紹介してみたいと思います。

 

認知症介護士になるために必要なこととは?

認知症介護士はこれから訪れる高齢社会において、認知症であっても日常生活や社会活動を安心して送ることができるために、コミュニケーションや接遇、環境づくりをどのようにすればいいのかを考えることができる介護技術を身に着けたと証明する資格です。

認知症患者様は年々増加しており、高齢化率は30%に届こうとしています。そのため認知症を医療や福祉の問題と捉えずに地域社会全体で暮らしやすい環境づくりを行っていく必要があります。そのため認知症と思われる利用者様やご家族様へ適切な対応ができることがこれからの介護士には求められています。だからこそ認知症介護士がいま求められているのです。

 

認知症介護士になるためにはある一定のカリキュラムを履修することで得ることができます。

認知症の主な種類や症状、心理状態、グループワークを通じて認知症を学び、接遇方法や家族へのアドバイス法など様々なことを学ぶことができます。

 

こうした認知症介護士は実は介護医療現場だけでなく、公共交通機関や金融機関、公共施設で働く場所として幅広い勤務先を選ぶことができます。

確かに公共交通機関や金融機関では認知症を有する方も利用され、その際にサポートが必要な場面が様々なところで問題になっています。こうした場所において認知症介護士のニーズは高まっているのではないでしょうか。

 

これから転職を考えている介護士の方は認知症介護士の資格取得を目指すことも一つの手段として考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

    関連記事

    1. 生活相談員にうつ病を発症する方が多い理由とは?

    2. ケアマネジャーに求められる能力|観察眼を養うためには

    3. 介護士が転職時に考えたい介護職員初任者研修を受ける理由とは?