管理栄養士におすすめのダブルライセンスとは?

管理栄養士の資格を取得して、いざ病院に勤務が決まったという方も、これからの将来このままでいいのか?と悩んでいる方もおられるのではないでしょうか?

以前、管理栄養士の転職は病院や施設以外の場所も数多く増えてきているという記事を書きました。その中でも企業や飲食業界への転職や就職も増えているということをご紹介しましたが、その際にもし可能であれば管理栄養士もダブルライセンスの取得を目指すことで転職が有利に働くということを今日はご紹介したいと思います。

 

管理栄養士のダブルライセンスでおすすめの資格とは?

管理栄養士は食事に関する専門的な知識とスキルを持っており、主に食事指導や栄養管理のスペシャリストとして知られています。そのため勤務先としては病院や施設、保育所などが主な勤務先として選ばれることが多い一方、近年企業や飲食業界への転職、独立開業を目指しているという方も少なくありません。

 

そのため管理栄養士がダブルライセンスを目指すのであれば調理師の資格を目指してみてはいかがでしょうか?

 

例えばこれから先、自分で独立開業を考えていて、飲食店を経営しようと思っている方は、舌苔に必要になる資格になります。調理師免許をもっていれば、開業に必要な食品衛生責任者の資格を申請のみで取得することができます。また、調理師の資格を取得しているということだけで調理に関する技術や知識を有していると認知していただけるため、飲食業界に転職することが容易になることが間違いありません。

 

出はどうやって調理師の資格を取得すればいいのかというと、調理師学校を卒業するか、もしくは飲食店で実務経験を経て取得する方法の二種類があります。そのため病院ですでに働いている方は夜間学校などに通う必要があるかもしれません。

 

もしあなたが調理師の資格を取得し、さらに管理栄養士の資格を取得しているのであれば、病院勤務では病院調理師になることも可能です。病院調理師では管理栄養士や医師、看護師などと協力して患者様一人一人の症状に合わせた病院食の提供を行うという仕事に就くことができます。

 

これから先の未来において、資格を取得することで働く先の幅がさらに広がりますので、もしあなたがダブルライセンスを考えているのであればぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者が支える就労支援と一般就労について

    2. 介護業界に転職するうえで覚えておきたいマナーや身だしなみについて

    3. サービス管理責任者も産休を利用できる?