准看護師のキャリアアップ|サービス管理責任者という道

准看護師として働かれている方がこれから看護師の資格を新たに勉強して取得しようという方もおられると思いますが、何らかの理由で看護師にはなれないという方も少なくありません。しかし少しでも新しいキャリアを積みたいという方もおられるのではないでしょうか?

今日は准看護師として働かれている方に向けて新しいキャリアアップの形をご紹介してみたいと思います。

 

准看護師としての新しいキャリアップを考えてみる

准看護師として活躍し続けるという方法もありますが、准看護師の資格を持ちながら新しいキャリアを積むという方法もあります。

准看護師は基本的に病院やクリニックで診療補助を行うことが主な業務です。介護施設でのサポート業務も年々増えてきており、中学卒業後に看護学校養成所の2年課程を履修することで資格取得試験の受験資格を得ることができます。

 

准看護師は基本的に都道府県知事が発行する免許であり国家資格ではありません。そのため働ける場所やできることは看護師に比べて少ないため給与面においても差があるのは明確です。

 

しかしながら何らかの理由で看護師資格を今から取得するのは難しいという方も少なくありません。その場合准看護師の方はキャリアアップを目指すことはできないのでしょうか?

 

実は准看護師の資格を取得していると、実はサービス管理責任者になることができます。

高齢者の増加に伴い、心身に障害のある人や高齢者の生活環境をサポートする高齢者施設が年々増加しており、この施設を維持運営するためにはサービス管理責任者を各事業所に一名配置しなければいけないという決まりがあります。

 

このサービス管理責任者にも准看護師の方もなることができるのです。

 

サービス管理責任者は居宅介護以外のほとんどの障害福祉サービス事業所に配置されています。

利用者様の個別支援計画をはじめ、様々な医療機関や家族との調整を行うのが主な業務であり、施設のスタッフを取りまとめるという重要な任務を課されます。

そのため准看護師よりもさらに給与は高く、これからのキャリアアップを目指すことができる資格の一つなのです。もしあなたがこれから准看護師としてだけでなく、新しいキャリアアップを考えているのであれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の必要な能力 | 利用者のことを理解する

    2. サービス管理責任者の各施設でのそれぞれの役割

    3. サービス管理責任者研修で行う事前課題について