サービス管理責任者とは|介護現場で求められる現状について

介護現場においてサービス管理責任者が求められています。サービス管理責任者とは介護現場においてサービスの質の管理や利用者やご家族との連携、医療従事者との連携を行い利用者様が安心してサービスを受け続けるための支援を行う職種であり、年々高齢者が増え続けている現代社会においてとても重要な役割を担っています。こうした職種はデイサービスだけでなく、様々な職場において求められているため、今日はサービス管理責任者の役割や働ける場所について考えてみたいと思います。

 

サービス管理責任者の役割と取得方法とは?

特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームなど、高齢者向けの介護施設においてサービス管理責任者における役割は大きく、施設の日々の運営管理、スタッフの指導・管理、利用者のケアプランの策定と実施などを行います。サービス管理責任者は施設運営において欠かせない人材であり、こうした資格を取得しているスタッフは施設においても重宝されており、こうした高齢者施設においては各施設につき1名は必ず常駐していなければいけないという法律があります。

最近であれば訪問介護や訪問看護などの在宅サービス提供組織で、サービス管理責任者は訪問スケジュールの管理、スタッフの指導・管理、利用者とのコミュニケーション、品質管理を確保するためにも重要性を指摘されています。

そのため企業側としてはサービス管理責任者の資格を取得しているスタッフの確保は急務であり、人材確保に奔走しているという現状があります。

 

サービス管理責任者の資格を取得すると、特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホーム、デイサービスセンターや在宅介護サービス、グループホームや地域包括支援センターのような施設で働くことが可能になります。こうした場所においてサービス管理責任者は必ず常駐しておかなければいけないのです。

 

つまりあなたがこれから介護現場において転職を考えているのであれば、こうした資格を取得してから転職を考えるととても有利に運ぶことができます。サービス管理責任者はどこでも求められています。もしあなたが新しい場所でチャレンジを考えているのであれば、ぜひサービス管理責任者としての勉強を始めてみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. 介護現場での新たな挑戦|サービス管理責任者へのキャリアシフト

    2. サービス管理責任者は理解しておきたい「利用者様主体の支援」について

    3. 高齢社会におけるサービス管理責任者の役割とは?