看護師の転職でキャリアアップを理由にする際に気を付けるべきこととは?

看護師としてこれから様々なキャリアを積みたいと考えている方も多いのではないでしょうか?特にこれから冬にかけて転職を考えるという方もおられるはず。しかしながら看護師にも転職を考えることがいい時期と悪い時期があるということをご存じですか?

転職時期を間違えてしまい、自分のキャリアプランに傷がついてしまうということは避けておきたいですよね?もしこうした悩みを抱えているのであれば、今日の記事をぜひチェックしてみてください。

 

看護師としてキャリアアップを考えるなら転職時期を見誤るな

さて、これから冬にかけて来年度の転職を考えているという方もおられるのではないでしょうか?転職を考える理由は様々ではあると思います。しかしながらキャリアアップを考えて転職をするのであれば、適切な時期というものがあります。

 

あなたはそれをきちんと理解して転職活動を行っていますか?

 

看護師としてキャリアアップの転職を考えるのであれば、約5年前後はきちんと今の職場で働いてから転職を考えていきましょう。

例えば2年目でキャリアアップを理由に転職を考えているという方は、自分が採用担当側に立って考えてみてほしいと思います。

自分の時間と労力をかけて採用を行うのですから、やる気と根性、そしてある程度の即戦力を期待できる人材であることともに、長く会社で働いてくれる人材を選びたいですよね?

 

なのにまだ入職2年目の職員が面接を受けに来たらどう思いますか?

しかも理由としてキャリアアップを目指していると話をしてきた場合、「今の職場でどれだけのキャリアを積んできたのか?」と疑問に思いませんか?

 

看護師として一つの職場で5年以上働いていれば、ある程度の人材育成に取り組んだりチームマネジメントを学んだりすることが多いと思います。

こうしたキャリアを積んで次の職場を考えるのであれば、採用側も納得できると思いませんか?

 

採用担当側は多くの人材を見て判断しています。自分の考えも手に取るようにわかるという採用担当者の方もおられるくらいです。何だったら履歴書を読んである程度のキャリアを想像できる担当者もおられるくらいです。

もしあなたがキャリアアップを考えているのであれば、転職時期の見誤りをしないように気を付けておきたいですよね。

 

    関連記事

    1. 介護業界で働くうえで覚えておきたい介護士と介護福祉士の違い

    2. 転職前に考えたいケアマネが上司に怒られないために必要な行動とは?

    3. 介護士へ転職を考えるなら求職者支援制度を利用しよう | 40代からの転職