介護士が転職する際に使用する情報サイトで気を付けておきたいこと

最近は転職情報をネットで探される方も増えてきました。

今まではハローワークで情報を入手して見学・面接という流れでしたが、近年の情報化社会化が進行してきた影響もあり、様々な転職情報サービスを掲載しているウェブサイトが増えてきて、どこのサイトを利用すればいいか悩んでいたりしませんか?

私も転職情報サイトを調べるようになり、介護士の転職を取り扱っている会社の数が多いことにびっくりしています。

 

そこで転職情報を調べているあなたに、転職情報サイトを利用する際の注意点について解説してみたいと思います。

 

介護士の転職情報サイトを利用する際の注意点とは?

転職情報サイトを利用する際には、注意しておいてほしいことがあります。

それは個人情報を入力しないと利用できないというサイトに関しては、個人情報を提供する前に、プライバシーポリシーを確認し、個人情報の取り扱い方針について理解しておくことが重要です。昨今のネット社会において、個人情報の流出など様々なところで問題化しています。

そのため、自分の個人情報を安易に入力するのではなく、どういった目的で使用するのかをきちんと把握しておく必要があります。

 

次に、複数のサイトを参照し、一つのサイトだけで判断しないということです。

転職情報サイトは多数存在しており、同じ求人情報でも掲載内容が異なることがあります。複数のサイトを参照し、情報を比較することで、より正確な情報を収集することができます。

例えば、自分の興味のある施設の求人情報が見つかったとしましょう。

 

その場合は、自分の興味のある求人情報について「〇〇施設 求人 介護士」のように打ち込むことで、この内容の求人情報を複数取得することができます。

当たり前のような話かもしれませんが、ネットでの検索能力は身に着けておくべき技能の一つでもありますので覚えておきましょう。

 

最後に有料サイトの利用についてです。

情報サイトには、有料会員というものも存在します。より良い情報を取得するために会費を払って登録することで、便りも良い情報を取得するというものです。

しかしこれの注意点は解約方法を調べずに安易に登録してしまう方が増えている印象を受けますので注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか?

転職の際にはぜひ複数情報を参照して、差異がないかをきちんと調べておきたいですね。

    関連記事

    1. サービス管理責任者にとっての独立とは

    2. 老人ホームや施設での介護職の仕事内容は?

    3. 転職の前に考えたい介護士の労働環境を改善するために必要な2つの原則とは?