生活相談員がクレーム処理に疲れてしまった際の対処法とは?

生活相談員の仕事は利用者様のサービスの相談だけでなく、施設やサービスの利用に関する相談を受けることが多いとされています。その中には相談だけではなく、クレームに類するものも数多くみられ、無理な要望を突き付けられる場合もあります。

生活相談員はこうしたクレームや無理な要望にも真摯に向き合い、適切なコミュニケーションを図ることが求められています。しかしながら我々も人間ですから、こうしたクレームや無理な要望に対して精神的に折れてしまうことは多々あると思います。こんな時にどうすればいいのかについてお話したいと思います。

 

生活相談員が無理なクレームや要望を突き付けられた場合の対処法とは?

 

生活相談員は施設や事業所で利用者様の無理なクレームや要望を受けることは多々あります。そうした場合においても適切な態度で真摯に向き合い、コミュニケーションを取ることが求められますが、我々も人間ですからこうしたマイナスな気持ちを受け続けると気疲れしてしまうことは多々あります。

 

また生活相談員は一人体制で対応しているという事業所も少なくありません。

そのため自分一人で対応しなければならなくなり、結果的に一人で背負い込むということが多いと言われています。

 

こうした業務において大切になるのはセルフケア技術を身に着けることが大切です。

自分自身の健康や幸福を維持するために、十分な休息とリラックスを取ることから始めましょう。日常生活でのバランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動などを心がけ、また自分の興味や趣味に時間を割くことで、リフレッシュすることも大切です。

 

その上でチームや同僚とのコミュニケーションを行うことで、ストレスを分散することも可能です。同じ職場の仲間や他の専門家と積極的にコミュニケーションをとることは、ストレスや負担を軽減する助けになります。相談や共有できる場があることで、気持ちを共有し支え合うことができます。また、仕事上の問題や困難について協力しあい、解決策を見つけることも重要です。

 

生活相談員の仕事はストレスを抱えることが多いため、どうしてもメンタルケアを怠ると自分の身体に負担をかけてしまう場合も少なくありません。

ぜひこうしたことを心にとどめて対応するようにしてみてくださいね。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の資格を取得することをなぜ求められるのか?

    2. 老人ホームや施設での介護職の仕事内容は?

    3. サービス管理責任者の働く職場の一つである「就労移行支援施設」について