介護士の転職と副業どちらの方がメリットが大きいか考えてみた

介護士の低賃金化は常に問題視されています。これを読んでくださっているあなたも、おそらくライフスタイルの変化に伴って転職を考えられているのではないでしょうか?

しかしながら転職活動はかなりの負担がかかります。新しい職場を探したり、面接を受けたりと様々な労力がかかることが目に見えています。

かといってこのままの勤務状態で生活が営めるかと言われると難しいと感じているのではないでしょうか?

以前記事にもしておりますが、厚生労働省は副業・兼業についての規定を新設しており、ガイドラインまで改訂しています。

そこで今回は転職と副業、あなたが選ぶならどちらかということについて解説してみたいと思います。

 

介護士が転職前に考えたい副業と転職とのメリットの違い

介護士の低賃金化を解消するために、あなたはこれから転職を考えていることでしょう。

しかしながら、給与面だけで考えるのであれば転職だけでなく、副業という選択肢も現代においては可能なのです。

 

そこで転職と副業のメリットの違いを明確にし、今後のライフスタイルの変化に合わせた選択ができるように違いについて考えてみました。

 

まず、転職する場合は新しい職場での給与や福利厚生、スキルアップの機会やキャリアアップの可能性など、長期的なメリットが期待できます。

また、新しい環境での仕事や人間関係など、新しい経験を得ることもできます。

 

一方で、副業をする場合は、現在の仕事とは別の仕事を持つことで、収入を増やすことができます。新しい環境に適応する負担は転職よりあまりないといっても過言ではないでしょう。

しかし、副業が禁止されている企業や、副業に時間的余裕がない場合は、実行が困難かもしれません。

 

さらに、転職や副業にはそれぞれリスクについても考えておかなければいけません。

転職の場合は、新しい職場での適応や、現在の仕事よりも大変な仕事を任される可能性もあります。

副業の場合は、時間的な負担や、確定申告の忘れなどの問題が発生する可能性もあります。

 

したがって、どちらが良いかは、自分の状況や目的、リスクを考慮して判断する必要があります。

将来的なキャリアアップやスキルアップを目指す場合は、転職が良いかもしれません。

現在の収入を増やすためには、副業が適しているかもしれません。

しかし、どちらを選ぶ場合でも、自分が納得できる選択をすることが重要です。

本日の記事があなたの選択の助けに慣れたら幸いです。

 

    関連記事

    1. サービス管理責任者の障害別支援アプローチと連携の重要性

    2. 看護師の転職先事情|病院やクリニック以外の勤務先とは?

    3. キャリアアップへの一歩:サービス管理責任者としての給与の展望