転職の前に考えたい介護士の労働環境を改善するために必要な2つの原則とは?

介護士の転職理由には、過酷な労働環境における過労が原因で辞めたいと考える人は少なくありません。

もちろん、すぐに人員の補充ができれば一番いいのですが、人手不足の背景にはこうした労働環境の過酷さがあることで、より良い環境を求めて転々とするという方も多いのが現状です。

かといって、利用者様へのサービス内容を変更することはできませんから、どうしたらいいのかと悩むことも少なくないと思います。

そこでまず転職をする前に、今の自分が働いている環境でどのような業務が負担になっているのかを考えてみませんか?

今日は労働環境の改善に必要なことについて考えてみたいと思います。

 

介護士の転職理由に上げられる残業を減らすためにあなたが考えるべきこと

さて、まず第一に介護士の労働環境において、何が負担になっているのかを考える必要があります。

介護現場は人員不足が原因であることは明白だとは思いますが、その人員不足の中でも効率的に業務を回していく努力は欠かしてはいけないと私は考えます。

例えば導線の管理、スタッフ配置の管理、利用者様のサービス提供順の検討であったり、介護記録の作成、介護計画書やサービス提供計画書の作成における時間配分やスケジュール管理を各スタッフが徹底する必要があります。

私もよく経験しますが、計画書の作成を締切ギリギリに取り掛かり、結局夜遅くまでかかって作成するという経験をしたことがある方もおられると思います。

それで、自分の業務が過多になっているというのは、論点が異なると言わざるを得ません。

まずは自分の業務内容を整理し、スケジューリングするところから始めてみましょう。

 

介護士の残業理由の多くはコミュニケーション不足によるもの

自分の業務内容の管理がうまくいけば、次に考えたいのはコミュニケーション不足についてです。

基本的に人対人の仕事をする上で連絡形態がうまくいかずトラブルが発生するということが、業務の円滑化を損なう理由の一つに上げられています。

そのため、自分の業務を円滑に回すためにはコミュニケーション不足を解消することから始めましょう。

必要なのは、まず「自分から声をかける」ということです。

社会人になって怒られたら自分から声をかけずらくなりますよね。

ですが、怒られた側から声をかけるほうが実は円滑に回ることが多いのです。

ぜひ普段の生活からコミュニケーションを徹底してみてください。

    関連記事

    1. 生活相談員の仕事で理不尽な要求をされた場合の対処法とは?

    2. 生活相談員が受けるハラスメント行為をチームで周知させるための方法とは?

    3. サービス管理責任者の必要な能力 | 利用者のことを理解する