人材確保・育成の要 人事の仕事内容や将来性、年収は?

「欲しい人材が中々採用できない。」

「採用してもすぐに辞めてしまい、再度採用しないといけない」

「採用して、続けてくれているけど育成がうまくいかない」

「社員の評価が適切にできない」

「適切な人員配置ができずに生産性が低い」

 

企業の多くは人材に関して、このような悩みを抱えています。

 

こういった悩みを解決するために必要な職業が

人事

です。

 

優秀な人事がいれば、以上のような悩みが解決され、企業内の生産性が向上し、利益が増えることは間違いなし。

 

そんな人事の仕事内容や将来性、年収についてご紹介いたします。

 

 

人事はなぜ必要?仕事内容は?

 

人事の存在は、企業や組織において非常に重要です。以下に、人事の必要性をいくつか挙げてみます。

 

人事は、企業や組織において、従業員の雇用や配置、評価、労務管理、福利厚生などの業務を担当する部署または職種のことを指します。

 

人事の主な仕事内容は以下のようなものが挙げられます

 

①人材採用

多くの人がイメージする人事の仕事といえば、この人材採用なのではないでしょうか。

企業にとって、優秀な人材を採用することは非常に重要な課題です。

人事は、求人募集から面接、内定までのプロセスを支援することで、優秀な人材の確保に貢献します。

 

②労務管理

せっかく採用した社員もすぐに辞めてしまっては意味がありません。

そうならないように働きやすい環境を作ることも人事の重要な仕事です。

労働法や社会保険などの複雑な法律制度を遵守し、社員の勤怠管理や給与計算などの業務を行うことは、企業にとって大変な課題です。人事は、こうした業務をサポートすることで、企業が法律や規則に適合するよう支援します。

 

③人材育成

従業員が自己成長を続けることは、企業の発展に欠かせません。人事は、従業員の育成や研修制度の整備を行うことで、従業員のスキルアップやモチベーションアップにつながります。

 

④評価・昇進

社員が辞めずに働き続けるためには環境だけではなく、正当な評価をして、それに見合った給与や昇進を与えることが重要です。

そのために社員の業績評価やキャリアアップの支援、昇進や異動などの判断を行います。

 

⑤福利厚生

社員の健康管理や福利厚生制度の整備、各種イベントの企画や運営などを行います。

 

⑥コミュニケーションの促進

人事は、社員と企業との懸け橋となる役割を担います。社員の声や意見を収集し、経営者にフィードバックすることで、企業内のコミュニケーションを促進することができます。

 

人事の存在は、企業の発展に欠かせないものです。適切な人事戦略を策定し、従業員の採用から育成、退職までの一連のプロセスを適切に管理することで、企業の成長や従業員の満足度向上につながります。

 

⑦退職・離職対応

退職や離職に伴う手続きや面接、退職金の計算や支払いなどを行います。

 

人事部署や人事担当者は、企業の中で重要な役割を担っています。従業員の働きやすさや満足度に大きく影響を与えるため、組織の健全な発展に欠かせない存在です。

 

 

社員の満足度を高める 人事に必要なスキルとは?

 

では、人事にとって必要なスキルとは何なのでしょうか?

 

①コミュニケーション能力

人事は社員とのコミュニケーションが非常に重要です。適切なコミュニケーションを行い、社員の声や意見を聞き取ることが必要です。また、上司や同僚との協力や調整も必要となるため、コミュニケーション能力が求められます。

 

②問題解決能力

人事は、社員のトラブルやクレームなどの問題解決にも携わります。問題を早期に発見し、適切に解決するための能力が求められます。

 

③労務管理知識

社会保険や労働法などの労務管理に関する知識が必要です。法律や制度の変更にも対応できるよう、常に最新情報を収集する必要があります。

 

⑤プロジェクト管理能力

採用や研修など、人事はプロジェクトを多数抱えることがあります。プロジェクトを適切に管理し、予算や期限に沿って進める能力が必要です。

 

⑥分析力

社員のデータを分析することで、採用戦略や人材育成計画などの策定に役立てることができます。分析能力を持つことで、企業の人事戦略を支援することができます。

 

以上が、人事の仕事に必要なスキルの一例です。また、業務に応じて必要なスキルは異なるため、人事は常に自己成長を続けることが必要です。

 

人事になるにはどうしたらいい?

 

人事の仕事に興味がある場合、以下のような方法で就職を目指すことができます。

 

①人事関連の学部や学科を卒業する

人事の仕事に関連する学部や学科を卒業することで、人事の仕事に必要な知識やスキルを身につけることができます。

具体的には経営学、法学、心理学などが該当します。

 

②人事系の資格を取得する

人事系の資格を取得することで、人事の仕事に必要な知識やスキルを証明することができます。社会保険労務士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラーなどが該当します。

 

③人事の実務経験を積む

人事の実務経験を積むことで、人事の仕事に必要なスキルや知識を身につけることができます。採用担当、研修担当、労務担当などの職種を目指すことができます。

 

④人材紹介会社を利用する

人材紹介会社を利用することで、人事の仕事に興味がある企業に応募することができます。人材紹介会社は、企業と求職者を仲介することで、求職者にとって適切な企業を紹介してくれる場合があります。

 

以上のような方法で、人事の仕事に就職を目指すことができます。また、人事の仕事に就く前に、自分自身がどのようなスキルや知識を持っているのかを把握し、それに合わせた方法を選ぶことが大切です。

 

まとめ 人事の将来性は?

 

人事の仕事は、企業の人材管理を担当する重要な部署であり、今後も必要とされる職種の一つです。特に、グローバル化が進んでいる現代社会において、多様性を理解し、それに応じた人材マネジメントが求められるようになっています。

 

また、人工知能の進化によって、人事の業務が自動化されることも予想されますが、一方で人材マネジメントには、人間的な視点や洞察力が必要とされるため、人工知能に代替されることはないとも言われています。

 

総じて言えることは、人事の仕事は変化し続けるものの、今後も必要とされる職種であると考えられます。企業が成長し、人材マネジメントが重要視される限り、人事の仕事は将来性があると言えます

 

株式会社Zero-1 おススメ 人事の求人はこちら!

    関連記事

    1. 就労支援の事業所もあり 生活支援員の業務内容と気になる年収は?

    2. 言語と嚥下のリハビリ 言語聴覚士はどんな仕事?年収は?

    3. 少子化でも需要は増加中 保育士の業務内容や資格の取得方法などをご紹介