介護士へ転職を考えるなら求職者支援制度を利用しよう | 40代からの転職

介護士への転職を考えるという人も最近では増えているようです。

特に40代から介護士への転職を考えているあなたは心配しなくても大丈夫です。

実はあなただけではありません。近年40代からの介護士への転職を希望している人は徐々に増えています。

資格が必須ではなく誰でもできる単純作業の多い職場であることが理由として挙げられます。

しかし、業界未経験でも働ける場所はあるのか?という不安はなかなかぬぐえませんよね。

そこで、今日は介護士への転職が不安にならない理由についてお話ししたいと思います。

転職で介護士がおすすめの理由とは?

介護業界は高齢化の影響で慢性的な人手不足です。そのため求人数については不安視しなくてもよさそうです。

特に40代で介護業界を考えるメリットとしては、専門職のため体力の続く限り活躍することができる、景気に左右されにくい、同世代の職員が多い、将来自分の親の介護に仕事のスキルを活かせるということが大きいと思います。

40代のあなたは、少なく見積もっても親が60~70代に突入し、これから親の介護が必要な年齢になってきます。

そうしたときに、自分の親を他人に任せるのではなく、介護職を通じて学ぶことができる知識や技術を生かし自分で介護できるようになれるという安心感を得られるのではないでしょうか。

転職するなら求職者支援制度を利用しよう

さて、これから介護士に転職しようと考えて、現在ハローワークに通っているというあなたでこれを読んでくださっている方は、ぜひ求職者支援制度を利用してみてください。

求職者支援制度とは、

再就職や転職、スキルアップを目指す方が、無料の職業訓練を行うことや月10万円の給付金の支援を行うことで早期の就職を支援する制度です。訓練開始前から終了後までハローワークが求職活動をサポートしてくれます。

今から介護業界に転職をするとなって、無資格、無経験で転職をする不安は常にあると思います。そうしたときにこの制度を利用して少しでも知識やキャリアアップを行うことで、介護業務の不安を取り除いてみてはいかがでしょうか?

求職者支援制度を利用できる人とは?

求職者支援制度を利用するとおすすめと書きましたが、実は現在就職している人には適応されません。

なぜならこれは原則失業保険を受けることができない離職者を対象に正規雇用を促すための制度であり、すでに就職している場合は利用できなくなっています。

ただし、仕事をしていても、時短で週20時間未満の勤務形態の場合はその限りではありません。

他にも

・ハローワークで求職中

・すぐ働ける状態で意欲がある

・フルタイム勤務を希望している

・年金受給者ではない

という制限はありますが、基本的に意欲があり介護業界に興味があるのであれば、ぜひ一度ハローワークで求職者支援制度の説明を受けてみてはいかがでしょうか?

注意点としては、欠席せずに真面目に訓練を受講すること、受講開始後、ハローワークが定めた来所日に職業相談を受けることなどの要件もあるため、事前に制度の概要や利用する際の注意点等は把握しておくことをおすすめします。

    関連記事

    1. 介護福祉士が利用者様と関係性を構築するために重要なこととは?

    2. 言語聴覚士が転職を考えているなら訪問現場がおすすめです

    3. 管理栄養士におすすめのダブルライセンスとは?