子育て世代の介護士が復職で選びたい職場の絶対条件とは?

介護士に限らず、ライフスタイルの変化に伴って職場環境を変えようと転職を考えられる方は多いと感じています。しかし自分のライフスタイルの変化に伴って、自分に合った職場を選ぶことができなければ、改めて職場を変えざるを得ないという状況が生まれます。

特に子育て世代の介護士が転職、再就職をするためには周囲の協力、職場スタッフによる協力が必要不可欠になるといっても過言ではありません。

なぜなら子供が急に熱を出すなどのアクシデントによって、急遽休まなければいけない等の状況は想定されるからです。

もしあなたが子育て世代の親としてこれから復職や転職を考えているのであれば今日の記事を参考にしておいてほしいと思います。

 

介護士の復職・転職 | 子育て世代の親が選びたい職場環境とは?

私自身も子育て世代の親として働いていますが、子供のアクシデントというものは予想外のところから出てくるものです。朝には平熱でも昼間にいきなり保育園から熱が出たから迎えに来てほしいと電話があったり、同級生がコロナにかかって濃厚接触だからクラスを閉鎖するため迎えに来てほしいと電話があったりと、予想外のことで仕事を休まなければいけないということは少なくありません。

 

そのため、もしあなたが子育て世代の親として復職を考えているのであれば、

まず第一にこうした状況にも対応できる職場を選ぶことが第一条件だと思います。その条件とは、「子育て世代の親が多く働いているか」「急な変更にも対応ができる環境か」「職場の人員は十分足りているか?」といった条件が必要になります。

 

そもそも人員不足の職場では、子育て世代の急激な悩みに対応することは難しいかもしれませんので、面接時にこうした状況が考えられるということはきちんと説明しておく必要があります。

 

実際に私も子供が急に熱を出したと思ったらコロナに感染していたということもあり、

職場は急遽休みをいただくことができました。こうした急なアクシデントに対応できる職場であったからよかったものの、場合によっては急のお休みがなかなか取れないという話も少なくないようです。

 

もしあなたが今後、復職を検討しているのであれば、こうした状況に対応できる職場であるかどうかは第一条件として面接時には確認しておくことをおすすめします。

    関連記事

    1. サービス管理責任者の実務経験証明書とは

    2. サービス管理責任者はフレックス制で働くことは可能なの?

    3. サービス管理責任者が仕事を引き継ぐ際のポイントと進め方