介護職の出戻り転職は可能か?面接時に気を付けておくことを紹介

介護業界の転職事情を調べていると、近年出戻り転職をされる方もおられるという情報を耳にしました。新しい環境や自分の求める環境を求めて、今の職場を離れて転職をしたはいいけど、結局、元の職場のほうがよかったという場合も少なくありません。

そうしたときに元の職場に戻るためにはどのような理由を面接時に伝えればいいのでしょうか?

今日は出戻り転職をする際の注意点や、面接時の応対方法について考えてみたいと思います。

介護職の出戻り転職が増えている理由とは?

  • 新卒で介護業界に入植したけれど、今いる職場は自分に合っていないんじゃないか
  • もっといい職場があるんじゃないか?
  • 既婚者で子育て世代にはいいかもしれないけど、独身の私には肩身が狭い

などなど、仕事をしていると不満に思うことは多々あると思います。

特に新卒で入職された方は、社会を知らないということは少なくありません。

そのため、より良い環境を求めて転職をするということは世の常だと思います。

しかし2025年問題も近づいてきており、介護業界も人手不足が深刻化しています。

そのため、一度退職した職員であっても再雇用するという事例も増えてきているようです。

特に出戻り転職は即戦力として働けることもあるため、企業によっては歓迎しているところもあるようです。

とはいえ、もともとの職場を一度退職した以上、再度働くときには雇用側も警戒してしまうものです。そのため今日は出戻り転職の面接時にどのように答えるべきなのかを書いてみたいと思います。

介護職の出戻り転職で面接時に注意すべきこととは?

さて、では介護職の出戻り転職時に注意すべきことはいったい何でしょうか?

一番重要なことからお伝えします。それは「この職場の魅力を最大限伝える」ことです。

あなたは新しい環境を求めて一度この職場を離れました。

それは別に悪いことではありませんが、この職場もあなたが離れることで新しい人材を探したりと余分な手間がかかったのも事実です。

しかしあなたが戻ってきてくれるということに喜び半分、疑問半分と面接側は複雑な心境にあることを理解しましょう。

そのため、あなたが出戻りする職場が外部を経験したからこそどれだけ素晴らしい職場であるのか、この職場で働きたいという意欲を積極的に説明することが重要です。

しかし近年、転職時に礼儀を欠いて転職するという場面も見受けられますので、

出戻り転職も視野に入れているのであれば、転職時に立つ鳥跡を濁さずの精神で円満に転職しておくことをおすすめします。

    関連記事

    1. 療養介護施設でのサービス管理責任者の主な仕事

    2. 生活相談員に向けられたクレームは他職種で解決しよう

    3. 障がい福祉サービスの質向上を担うサービス管理責任者の役割と要件