転職までに学びたいコミュニケーション技術|意図を読み取る力とは?

職場内で自分の意図がうまく伝わらないという経験をした人もいるのではないでしょうか?そのため、「この職場は自分の意図をうまく汲み取ってくれない」と思って転職することを考えるという人もいることでしょう。

確かに双方お互いの思いを相手に伝えようとすると、どうしても衝突してしまいます。しかし意見の衝突は重要なことであり、さらに必要なのは、相手が「何を意図して話しているか」を理解する力が必要になります。

そのためには相手の話を注意深く聞き、理解することが求められます。

今日は相手の意図を「聞く力」を養うためにはどうすればいいのかを考えてみたいと思います。

 

自分の思いを伝えたいならまず相手の意図を読み取る力をつけよう

相手の意図を読み取らずに自分の主張ばかりを伝えても、結局のところ衝突して解決せずに職場環境が悪化するという経験をした人もいるのではないでしょうか?

転職を繰り返す人の多くはコミュニケーションが苦手だという方が多いといわれており、こうしたトラブルに対して、対処能力が低いように思います。

 

もし自分に心当たりがあるのであれば、まずは「相手の立場に立って考える」ことから始めてみてはいかがでしょうか?

例えば職場で急遽休みがほしいとします。そうした場合、休みを調整する側としては一度決めた内容に対して行動しており、その修正が求められるわけです。

その作業をもし自分がやるとなると、どの程度の負担がかかるのかをまず一度考えてみる必要があります。おそらく自分がその調整をするとなるとかなりの負担がかかり、嫌な思いをしてしまうということが理解できるのではないでしょうか?

 

「有給休暇の取得はスタッフの権利」と私も昔は思っていました。

それは管理者側の仕事をしたことがない故の過ちでもあります。そのため、管理者側の苦労や気持ちを理解することは難しいかもしれません。

しかしながら、相手の気持ちに立ち、行動することでこうした衝突は少しでも緩和できると思いませんか?

もしあなたが「なぜ相手が怒っているのかわからない」と思うなら、相手の意図を読み取る力をつけることをおすすめします。

 

こうした職場環境の悪化が意図しないところで発生するということは少なくありません。

そのためあなたが今後、次の転職先で同じ間違いをしないためにも、相手の意図を読み取る力をつけることをおすすめします。

    関連記事

    1. 介護職の転職は簡単?

    2. 介護業界で高給取りを目指すならサービス管理責任者

    3. 介護士の仕事 | レクリエーションが苦手な介護職のためのレク攻略方法①